2020年8月10日月曜日

20200810 地球人類の選別

 地球人類の選別というのは興味深い話題であるので、ある程度続けたい。

----------------------------------------

例えば先生の日記を読んで

自分はその特別クラスから漏れるのではないか

という不安や恐怖を感じたら

漏れている証拠になるのでしょうか。

それとも

はたから見て明らかにSNSで攻撃するなどの

感情にのまれた行為をする人達のことを

指すのでしょうか。


なんで分別されないといけないんだろう。

確かに荒っぽい人達は見かけるけど。

それとも大きな戦争にでも向かうのでしょうか。

つい、人の命を勝手に分別しないでくれと

頭に来てしまいました。

私ははくちょう座の特別クラスには入れないのかもしれません。

-------------------------

地球が予想よりも早く重くなりすぎて、太陽、地球、月という次元連鎖の互いの距離を正常に保てなくなった時、これまでと同じように関わる人々と、手を引く人々が出てくるのでは。中途半端なものはなく、このどちらかになる。

いままでも負担が大きすぎたので、そろそろかかわりをやめるというようなグループが出てくる。で、このメールの人の内容で指摘するべき間違いとは、白鳥座のデネブを自分とはかかわりない、外部にある、どこか遠いところのものと思ってしまうこと。

恒星意識は人間の意識の高次な領域をあらわしていて、外部にあるものというよりは、人間はこの腹の中にある。人の形の中にある細胞みたいなものを人間と考えてみるといい。

恒星という高次な意識が、下に降りてきて、腰の領域(H96)にまで関与すると、地球に孤立して放置された人間は、腰から上が高次領域に「従属する」かたちで、振動が上がる。つまり恒星が降りると、反対に人は上がる。これは20審判のカードの絵柄と同じ。振動が上昇して恒星に引き上げられると、実感として、これは自己に回帰するというような満足感を感じる自分は投げ出されていないと思う。

自分の中の高次意識に従属しないで、物質界に孤立してガラパゴス的に生きている人は、その世界においての独自性を追求し、追及するほどに孤立が深まる。これほど痛みの強い、空虚な感じはないと思う。

で、恒星意識の側からすると、孤立し重くなりすぎて、もう発見することができなくなるというか、視界から消えてしまう人が出てくるということ。選ぶというよりは、もう見えなくなってしまう。そして手を放さざるを得ない。つまり閉鎖しすぎた状態が限界を超えた。

すれすれ、見えるところにいる。もう見えなくなるところにいる。

この二種類になってしまうということだ。

この見えなくなってしまう人たちは、シュタイナー式に言えば、アーリマンの管轄範囲に属するということになる。神との約束というような話ですね。

人類の振動を上げていくことに関与する星雲界のグループは、白鳥座だけでなく、いくつかある。この中で白鳥座の目立った特徴は、上品さかな。言い方を変えると、干渉しない。よけいなことに手を出さない。

プレアデスはこの事情にはもっと詳しいので、もっと細かい手の込んだ関与になるでしょう。もともと地球はプレアデスの植民地だったのだから。この植民地をエデンとか、タカマガハラと呼んだ。ミンタカやアルクトゥルスはプレアデスほどソフトなやりかたはしないかもしれない。植民地というと、これも侵略に見えるが、単に自分たちの子孫をそこに住まわせただけ。ディズニーランド作りました、というような印象かな。区分けされた未来の地球で、例の三角形地帯が作られます。というか、最近、わたしの夢では次々と分譲地域をレポートされた感じです。オーストラリアが複雑で、一筋縄ではいかない感じがあります。

恒星意識、高次意識を、自分とは関係のない外部にあるものとみなすことは、自分を孤立させることを示す。自分の全体像から、自分を孤立させるというのはどういう意味なんだろう。つまり一部の小さなところに視点を集中させて、他は見ないようにするというようなことだ。ニーチェと同じ間違いを犯すことです。

何人かの眠れるスタピが、最近は「腰で止める」というような体験をしているはず。夢の中でもどこでもいい。そういう体験。この腰で止めるというのが、選別が始まったことをあらわす。もう腰から下の足はあきらめよう、いつまでも果てしないと思った。ここで腰から下、腰から上が区分けされる。腰から下の二極化をやめて、腰の下に無限の境界線を置く。この場合、H96の振動で足ができますが、

例の選別の話をした人のメールでは、月のステーションで、「足があるのは、かっこわるい」と言ってた人の話が書いてあった。重力に支配されず中空に浮かぶ人生では、足は不要のものなので、足があるのは、まるで排泄物がちぎれずに、つながっているような、つまり金魚の糞のように見えてくるはず。


もうひとりのメール

-----------------------

記憶障害と扁桃体の機能不全がある場合、立ち位置って決まるのでしょうか。

・地球にも月にも入りきれなくてリリスとの共同生活をしていた時期があるのですが(月期だと思われます)、リリス任せで印象が決まるのでしょうか。また、リリスはそれをどうやって選んでいるのですか。

--------------------------------

具体的な記憶の継続はとくに必要があると思えない。お外に出ない限り。

抽象的な記憶が継続するといい。リリスは月のステーションに住んでいるが、地球でなく、月のステーションに住んでいるということは、具象的な映像、記憶は保てないはず。自我の維持と記憶の継続は密接な関係がある。脳は意識がある場所でなく、その地上においての受け皿なので、地上生活をするなら、脳の不調は問題になりやすいけど、ずっと中二階に住むなら、ほとんど問題にならない。

ロシアで、脳がなく、頭の中には液体だけがつまっていたけど、学校の成績がとてもよかった少女の話があります。

入院するので、とうぶんyoutube動画は作れない。しゃべってたら、看護師さんが走ってくるかも。


もうひとつメール追加

----------------------

惑星を使いこなせるようになって、自分から湧いてきた

低い振動に引っ張られないよう努力し、常にどうしたら

楽しめるかを考えながら生きるだけでは、選別して

もらうのは難しいのでしょうか?

----------------------------------

全惑星意識になるのは、振動が上がるということ。

自分で選べないと言ったのは、高自我を自分とみなす意識でならば

自分から選ぶという姿勢になり、

その高自我と切り離された「個人」は、そもそも自力でどうにかできる要素は皆無という意味です。

これは実に簡単な話ですが、切り離され孤立した個人は、どこにも行けない、何も選べないのはいつの時代でも同じです。








2020年8月9日日曜日

20200809 均衡感覚を示す山羊座の箱

 昨日は朝日カルチャーのズーム講座で、12感覚について話をしました。参加者は135人前後くらいか。二回目になると、参加者の顔も声もわからないところで、ひとりで話続けることに慣れてきました。参加者の反応を見ないで、ひとりでやればいい。

で、山羊座の均衡感覚の話ですが、山羊座あるいは土星は、閉鎖世界を作り出し、外界との関係を切り離す。地球が激しく回転しているけど、地球に住んでいる人はだれも吹っ飛ばされない。回転は外との関係で成り立っているもので、外と切り離すと、地球はじっとしており、回転などしていないと感じる。

で、山羊座、あるいは土星を立方体の箱と例えるのがいつもの説明ですが、占星術は、この土星枠の範囲の中で考えられておらず、どこからどうみても、12サインの解釈とか惑星の解釈は、地球の箱の中で考えられている。地球上で実現できないものは、12サインの中にも惑星の中にも記述されていない。前にも言ったけど、自己実現をするところの自己は、社会の歯車としての自己であり、まずは地球範囲の中でのみ通用するもの、具体的には日本社会とかアメリカ社会とかの範囲の中でしか生きられない自己。

なので、純粋な意味での土星の箱は、太陽系の外枠としての土星の軌道にあり、つまり立方体に外接する球体軌道が本来の範囲。占星術は、地球の箱内のものなので、この土星枠というひとつ大きなサイズのものには遠く及ばない。

わたしは十代の終わりか二十代のはじめくらいに、土星に体脱して、土星に住むアルクトゥルス爺さんと会ってから、いままでずっと毎日何度も会っている。(肉体自我のわたしは、そのことを知らない。)アルクトゥルスは「形を溶かす」という作用が強く、これが箱に閉じ込める土星に住んでいると、箱を作ったり壊したりするわけだし、土星の箱の外の世界、すなわち太陽系の外との通路がいつも開いていることになる。

これがわたしの箱の建付けが悪くて、隙間が開いているとか、時には箱がなくなったり、あるいは床がべこべこの段ボールになったりする理由ですが、太陽系の外のもうひとつ範囲の大きな箱は、北斗七星の例のお父さんの棺桶の四角です。

で、ある時期、複数の存在のチームが、わたしを絨毯ごと、左のフェクダのほうにずらしたのを目撃していたけど、フェクダのほうにずらしても、真ん中の段ボールのべこべこについては、あまり改修していない様子。つまりわたしを床の端のほうの、下に落ちない場所にずらしただけです。

床の完全補修はしない。それはわたしがアルクトゥルスと一緒にいるから。アルクトゥルスは、結局箱を作らない。あるいは箱を壊す。溶かす。箱を作るとしたら、いつもそれは仮のもので、段ボール製であることは変わりないのか。

箱の範囲は、銀河範囲では北斗七星。太陽系サイズでは土星。その下に地球箱。それから日本箱。東京箱。代々木、千駄ヶ谷箱。というふうに、立方体をマトリョーシカみたいに重ねて考えるのがいいですが、小さな箱に対しても、支配力を持っているのは、もともとの極大サイズの箱であることに違いない。

なのでまずは北斗七星の棺桶での出来事が、そのまま地球生活とか千駄ヶ谷生活に降りてきます。で、昨日メールを送ってきた人の文章を引用しましたが、デネヴというか、はくちょう座は、基本的に選別をする作用があります。平民とセレブをわけてしまうとか、特区とか、優良生徒のクラスを作るとかやってしまいます。川をせき止めて巣を作ります。質を上げるにはこれをするしかないです。

なので、「あと10年ほどで、地球はより振動の高い人と振動の低い人の差が開く。」というのはいかにもデネブらしい。あと10年ほどで、というのは10年後から、ではなく、今からはじまって、10年後には、もう取り返しがつかないところに行くという意味です。これはりんごの木村さん説に近いですね。10年後にはもう取り返しがつかない。腰を浮かせるか、腰を大地に設置するか。地球が崩壊するというのは、振動を高くした人が見ている地球の光景で、振動が低い人の見ている地球は、崩壊していません。しかし異様に重く、互いに攻撃するような生活が継続しています。その地球という範囲の箱があり、もうそれ以外の世界は見えていないのです。しかしそのことに無自覚です。振動が高くなった人から見ると、もうとんでもない、なんでこんな悲惨な世界が繰り広げられているのかと感じています。しかし中にいる人はそのことに気がついていないのです。

今日の夢は、人類をこの二種類に分けるというのは、恒星の側からの選別が行われることもあり、グルジエフのエニアグラムでいう、上位意識からのインターバルショックを止められてしまうグループがあるという話でした。パイプラインの停止です。

そもそもが、夢を見た人の話では、あなたの振動を上げますね、といわれて腰が燃えるようになったと書いてあり、つまりデネブから、高次意識を身体に注ぎ込むと言ってるわけです。これは空気ショックのドの音の部分です。

ということは、そのショックを与えられない人もいるということです。インターバルショックは、自分では作り出せない。かならず上位意識からのショックが必要だという理屈なら、地球人の自発的な努力のみでは、振動の高い人にシフトする権利は与えられないということです。人間は自由だというわけではない。与えられる人と、与えられない人がいる。それを自分では選択できません。ただ帝釈天は、いままでの行状を見て、どちらにするか判断します。で、10年後には取り返しのつかない状態にまで行くけど、今からそれは始まっているということにもっと注意深くなる必要はあります。振動を上げられない人は、自分の中にある否定想念とか攻撃心を食い止められなくなります。誰かに対して攻撃する人は、上昇する方向に選ばれない人です。ある意味わかりやすいかもしれない。攻撃する人は、自分では正しいことをしていると思い込んでいます。

SNSでの攻撃とか、木村花事件とかを何度も話題にしていますが、これは選別のわかりやすい例です。自分の中に恐怖心とか不安が強い人は、それを人に対しての攻撃に転嫁します。韓国大統領も同じです。中国の支配者も、トランプも同じかもしれませんね。日本のアベ首相は、思い切ったことができず、自閉症に入ってしまいました。つまり攻撃するよりは少しはましなのかもしれませんが、回避行動として幼児化してしまいました。助けてくれるお母さんが欲しい。あまりにも日本人的です。韓国のリ一族の末裔じゃないよ。日本人そのものではないか。

確かにこう見ると、いま選別が起きていますね。










2020年8月8日土曜日

20200808 恒星では人の形が登場しない

メール内容です。

-------------------------------

今朝はデネブ·アデジの夢を見ました。

姿は見えないが誰かに説明されている。

あと10年ほどで、地球はより振動の高い人と振動の低い人の差が開く。振動数を高くするには身体の振動数が低いので、今から少し上げますと言われる。すると全ての細胞が振動。腰の部分が熱くなる。

熱くて焼けるかと思いましたが、今は普通の体温に戻りました。でもまだジワジワしてます。

---------------------------------

 今日の動画youtubeでも説明しましたが、

https://www.youtube.com/watch?v=O9dI1gE9yvY

夢の中で、人の形をなくすこと、そして人の形がなくなると、見える世界も、人の形が存在しないものになる(誰でも自分しか見れないのだから)という点で、

恒星探索では、人の形が登場しないのが、スタンダードだと決めるといいのではないか。

そうすると混乱は少ないと思います。

わたしも夢では恒星の場所で人の姿を見ることはない。概念体みたいなものかな。プラズマボディでもなく、意図を形象化しようとしている勢いはあるが、形象化していないようなところ。

ちなみに、デネブは、振動を上げるとか質を上げるということが得意です。クローズドな場を作り、するとそこでは質が上がる。オープンな場ではまず振動は上がらないわけだし。ただ恒星は、人間の肉体に手を出すことができない。エーテル体ボディなら可能です。




2020年8月6日木曜日

20200806 あらためて全惑星意識の獲得の方法

わたしはわりに全惑星意識については、よく説明をしていると思うのですが、それでもわからない、といういつもの人の質問メール。
youtube動画で今日の説明。


ほかにもいくつか質問メールがあるんですが、こたえきれない。このひとつだけで、一時間近く話してしまったので。

で、虫脳についてもっと知りたいという話ですが、
虫脳、羊脳、人脳というのは、三分節の話で、
身体性、感情、思考というふうにわけてもいいです。
羊脳、人脳には、おのずと限界があり、枠内でしか機能しない。
大脳辺縁系に該当する虫脳は、松果腺も含んで、大きな可能性があります。
わたしの昔の夢だと、松果腺を象徴とするひまわりの顔の子供が、
バッタにもたれかかっていたが、このバッタが虫脳でしょう。
で、虫脳は何かと掘り下げると、だんだんわからなくなってくることはある。
つまり生理機能として考えると、迷路に入るということです。
なぜなら生理機能は、ごく一面しか反映しないものだからです。
それよりタロットカードの、月のカードで、下から上がってくるザリガニは何かと考えていくのがいいのではないか。
月のステーションで、クワガタがいたという話ですが、
これは本格的に月のステーションに定着することを示しているでしょう。
言い忘れたけど、低次エーテル体を虫と結び付けてください。
空中を黒い虫が覆うような日本映画ありましたよね。たとえば蠱術というのも、これは虫脳を使う。
オジンオズボーンだと、チュウチュウチュウサラーッですかね。

以下、メール、
----------------------------------
H6になっていたら、他の恒星なんて知らない。頭の片隅にもない。ただ一人、ただ光る。

この恒星、あの恒星、と気にしたり、選んだりできるのは、H6から落ちたからできることなのでしょうか。

H6から7つ降りると384。384までは6の紐づけがある。でも768まで降りれば、その6の紐づけから離れられる。故郷の恒星から切り離されたことは、解放されたと捉えてもいい。768からジャンプして、再度恒星の紐を掴むときに、別の恒星の紐を掴むこともできる。

そんなふうに今は思っています。
-------------------------------------------
このように平面的に考えると、恒星の意味も理解できなくなる。
下の次元では、上位の意識を対象化もできないし、トータルなものを理解することもできない。
つまり惑星H48まで降りてくると、恒星H6を明確に把握できなくなる。
恒星を切り刻んで、ごく一部しかわからない。
人体でたとえると、胃は自分が所属する人間を知ることができるのか。
なので、384とか768まで降りると、
見えるものは隣の水とか土とかで、
恒星などという巨大なものは、想像することもできない。
さまざまなレベルの意識を、平面的に並べて比較するというのは、
前にも言ったように、ひとつひとつの次元の状態を、実感的に理解していないから。



2020年8月4日火曜日

20200804 常に降下するシーンの夢

最近の夢は、だいたい上から地球のどこかに降下するような内容の夢が多く、常に上から下に降り注ぐものです。
たとえば、昨日は、インドの北西あたりに、サイフが降りていくというもの。
そもそも地球に恒星の力は降りていくことができないので、
これは地球に見えて地球ではない。未来の、あるいは別の地球です。
今の地球には、恒星の影響はほとんど降下不可能で、期待できない。
中二階なら、どの星でも自由に行き来します。

最近はメールで質問とかが来るので、
それに関係した内容のyoutube動画を作っていました。
でも、依頼とか質問にすべて答えるわけではない。
これは「恒星に回帰する、あるいは上昇していく目的が見える」質問ならば
それについて何か話すこともある、というところでしょうか。
恒星というと、勘違いする人も多いはず。
天文学で恒星を示しているものだと思う。
しかし天文学であっちの方向にある恒星というのは、
その恒星の実体の20パーセント程度しか示していない。
たとえばベテルギウスはもう消えているという説もありますが、
これはベテルギウスの本体とはあまり関係がない話で、
でも、消えたというのは、恒星からひとつ上の全太陽レベルにシフトしたという考え方もできます。となると消えたということも考慮に入れてもいいかもしれない。
なかなかベテルギウスは謎です。

メール質問です
----------------------------------
今回、松村先生にお訊ねしたいのが、この時世下で子供を産む意味や意義について、です。
私はあと一年半程で40歳になり、妊娠出産の期限が近付きつつあります。二人目の子供を考えたりもしますが、経済的な点で踏み切れません。
前々から労働現場では人の手を介さない方向であったのが、このコロナ禍でその傾向が加速しています。人手を必要とせず、環境破壊も年々進み、人口爆発も著しいこの地球でまだ子供をこの世に送り出す意義は有るのだろうか?と毎日考えてしまっています。
子供は本当に可愛いのですが、私自身は何が何でも働いて稼ぐというタイプでは無いので、この年齢においてまだ二人目を持つことを躊躇しています。
-------------------------------------------
そもそも、地球人というよりも、宇宙に生きている存在としては
死なない、生まれない、ずっと永遠に生きるというのが基本です。
変容はするけど、それは死と再生ではない。
で、地球においては、ある時代から、人間は死んでいく、その後何も残らないと考えられるようになった。で、それでも継続的な意識を保ちたいということの代替的な手段として、子供を産むということを考え出すようになった。
集団意識の継続は、その中にある細胞の休みない新陳代謝を伴う。
それが果たして正しいことなのかどうかは、
その個人の価値観とか信念、哲学によって違う。
自分は細胞である。自分は全惑星意識に基本がある。
自分は永遠である。
自分は永遠ではない。
この違いによって、子供を産む必要性がなかったり、あったりする。
ので、自分で決めてください。
経済に関しては、今後、改善する可能性はきわめて少ないと思います。





2020年7月30日木曜日

20200730 主客の質問

質問が来ています。

>対象に自己同一化している事と、対象全てに自分が染み渡っている→自分じゃないものがない
>というこの2つは、上昇型、下降型の違いと考えていいのでしょうか?
>主客が混ざるというところも、上昇型、下降型によるとらえ方の違いと考えてもいいのか?

下降型とは、絶体の一なる原理から、自分が分割されて生まれてきたことを自覚している。自分の振動密度以下のものは、すべて自分を分割して作り出した対象性。つまり自分がすべてにしみわたっていることを知っている。
でも、自己同一化とは、対象に自分が没入して、自己が不在になった状態。
下降型の人からすると、この自分が不在になるということは少ないでしょう。

上昇型の人は、まず自己が不在ということから始まる。
自分は物質であり、偶発的に生まれてきたものであり、そこに意図というものは存在しないと考える。なので世界の構造についても、何もわからない。
この場合、自己想起練習は、驚くような新事実を知ることになる。

主客が混じるというのは、源流としての意識に戻ると、かならず途中で起こることで、その時には、目の前の腕時計もない、と言う状態になる。十牛図で第八図の段階で生じること。途上では、目の前の腕時計は自分なのだと思う。つまり主客の融合。でも腕時計から世界を見ると、腕時計を対象化できない。主客の入れ替えを頻繁に起こすと、最後客体は何一つ存在しないという状態に。
降りてくる時に、わざわざ客体を意図的に作らないといけなくなる。

スターピープルwebのコラムが昨日、アップされたのですが、
わたしの記事が複数、ランキングの上のほうにあり続けることに関して、編集の人がフィーバーという言い方をしていて、懐かしいと思いました。いまはインスタ映えも、古い言葉で、エモいというのが、新語ではないが、まだ腐っていない言葉となっています。でも、ずっと古くなると、逆に新鮮味があります。なので、フィーバーという言葉も、逆に使えるのかもしれないです。

https://starpeople.jp/seijingoroku/matsumurakiyoshi/20200729/12741/




2020年7月29日水曜日

20200729 自己想起の発展形

今日は、自己想起の発展形のyoutube作りました。
というのも、このままだと、自己想起についての真実を理解しないままになってしまうと思ったからです。

https://youtu.be/BNes_oJ35zQ

以下メール
--------------------------
それに、ロボットのように生きることに幸せを感じる人は少なくなく、ロボットのように生きること以上の幸せ感は想像していないというか。誰かの役に立つとか、社会内のなにかの役割になるとか、そういうことから抜けたところにある自己を想起し続けられる大人はけっこう少ない、と。1~2歳までは簡単だったことのようにおもいますが、ずっと幼児のままいられないし、常にし続けないといけない自己想起。
--------------------------------
マズローの言う、生存欲求、安全欲求、社会帰属欲求、社会承認欲求、あるいはさらに自己実現欲求を満たすには、ロボットであるしかない。
しかし、未来のプレアデス世界では、これまでのように「ロボットでないものを見つけると、寄ってたかって袋叩きにして殺してしまう」ということをしないで、人とロボットの間の平和的な関係が作られる。
いつそれが可能なのか。2300年くらいか。
地球の四つの未来のうち、環境破壊で死滅する人類は選択肢のひとつ。
そうでない、一番平和的な世界は、この未来のプレアデス圏。
わたしがこんなことを言うようになったのは、フェクダの押しもあった。