2020年8月10日月曜日

20200810 地球人類の選別

 地球人類の選別というのは興味深い話題であるので、ある程度続けたい。

----------------------------------------

例えば先生の日記を読んで

自分はその特別クラスから漏れるのではないか

という不安や恐怖を感じたら

漏れている証拠になるのでしょうか。

それとも

はたから見て明らかにSNSで攻撃するなどの

感情にのまれた行為をする人達のことを

指すのでしょうか。


なんで分別されないといけないんだろう。

確かに荒っぽい人達は見かけるけど。

それとも大きな戦争にでも向かうのでしょうか。

つい、人の命を勝手に分別しないでくれと

頭に来てしまいました。

私ははくちょう座の特別クラスには入れないのかもしれません。

-------------------------

地球が予想よりも早く重くなりすぎて、太陽、地球、月という次元連鎖の互いの距離を正常に保てなくなった時、これまでと同じように関わる人々と、手を引く人々が出てくるのでは。中途半端なものはなく、このどちらかになる。

いままでも負担が大きすぎたので、そろそろかかわりをやめるというようなグループが出てくる。で、このメールの人の内容で指摘するべき間違いとは、白鳥座のデネブを自分とはかかわりない、外部にある、どこか遠いところのものと思ってしまうこと。

恒星意識は人間の意識の高次な領域をあらわしていて、外部にあるものというよりは、人間はこの腹の中にある。人の形の中にある細胞みたいなものを人間と考えてみるといい。

恒星という高次な意識が、下に降りてきて、腰の領域(H96)にまで関与すると、地球に孤立して放置された人間は、腰から上が高次領域に「従属する」かたちで、振動が上がる。つまり恒星が降りると、反対に人は上がる。これは20審判のカードの絵柄と同じ。振動が上昇して恒星に引き上げられると、実感として、これは自己に回帰するというような満足感を感じる自分は投げ出されていないと思う。

自分の中の高次意識に従属しないで、物質界に孤立してガラパゴス的に生きている人は、その世界においての独自性を追求し、追及するほどに孤立が深まる。これほど痛みの強い、空虚な感じはないと思う。

で、恒星意識の側からすると、孤立し重くなりすぎて、もう発見することができなくなるというか、視界から消えてしまう人が出てくるということ。選ぶというよりは、もう見えなくなってしまう。そして手を放さざるを得ない。つまり閉鎖しすぎた状態が限界を超えた。

すれすれ、見えるところにいる。もう見えなくなるところにいる。

この二種類になってしまうということだ。

この見えなくなってしまう人たちは、シュタイナー式に言えば、アーリマンの管轄範囲に属するということになる。神との約束というような話ですね。

人類の振動を上げていくことに関与する星雲界のグループは、白鳥座だけでなく、いくつかある。この中で白鳥座の目立った特徴は、上品さかな。言い方を変えると、干渉しない。よけいなことに手を出さない。

プレアデスはこの事情にはもっと詳しいので、もっと細かい手の込んだ関与になるでしょう。もともと地球はプレアデスの植民地だったのだから。この植民地をエデンとか、タカマガハラと呼んだ。ミンタカやアルクトゥルスはプレアデスほどソフトなやりかたはしないかもしれない。植民地というと、これも侵略に見えるが、単に自分たちの子孫をそこに住まわせただけ。ディズニーランド作りました、というような印象かな。区分けされた未来の地球で、例の三角形地帯が作られます。というか、最近、わたしの夢では次々と分譲地域をレポートされた感じです。オーストラリアが複雑で、一筋縄ではいかない感じがあります。

恒星意識、高次意識を、自分とは関係のない外部にあるものとみなすことは、自分を孤立させることを示す。自分の全体像から、自分を孤立させるというのはどういう意味なんだろう。つまり一部の小さなところに視点を集中させて、他は見ないようにするというようなことだ。ニーチェと同じ間違いを犯すことです。

何人かの眠れるスタピが、最近は「腰で止める」というような体験をしているはず。夢の中でもどこでもいい。そういう体験。この腰で止めるというのが、選別が始まったことをあらわす。もう腰から下の足はあきらめよう、いつまでも果てしないと思った。ここで腰から下、腰から上が区分けされる。腰から下の二極化をやめて、腰の下に無限の境界線を置く。この場合、H96の振動で足ができますが、

例の選別の話をした人のメールでは、月のステーションで、「足があるのは、かっこわるい」と言ってた人の話が書いてあった。重力に支配されず中空に浮かぶ人生では、足は不要のものなので、足があるのは、まるで排泄物がちぎれずに、つながっているような、つまり金魚の糞のように見えてくるはず。


もうひとりのメール

-----------------------

記憶障害と扁桃体の機能不全がある場合、立ち位置って決まるのでしょうか。

・地球にも月にも入りきれなくてリリスとの共同生活をしていた時期があるのですが(月期だと思われます)、リリス任せで印象が決まるのでしょうか。また、リリスはそれをどうやって選んでいるのですか。

--------------------------------

具体的な記憶の継続はとくに必要があると思えない。お外に出ない限り。

抽象的な記憶が継続するといい。リリスは月のステーションに住んでいるが、地球でなく、月のステーションに住んでいるということは、具象的な映像、記憶は保てないはず。自我の維持と記憶の継続は密接な関係がある。脳は意識がある場所でなく、その地上においての受け皿なので、地上生活をするなら、脳の不調は問題になりやすいけど、ずっと中二階に住むなら、ほとんど問題にならない。

ロシアで、脳がなく、頭の中には液体だけがつまっていたけど、学校の成績がとてもよかった少女の話があります。

入院するので、とうぶんyoutube動画は作れない。しゃべってたら、看護師さんが走ってくるかも。


もうひとつメール追加

----------------------

惑星を使いこなせるようになって、自分から湧いてきた

低い振動に引っ張られないよう努力し、常にどうしたら

楽しめるかを考えながら生きるだけでは、選別して

もらうのは難しいのでしょうか?

----------------------------------

全惑星意識になるのは、振動が上がるということ。

自分で選べないと言ったのは、高自我を自分とみなす意識でならば

自分から選ぶという姿勢になり、

その高自我と切り離された「個人」は、そもそも自力でどうにかできる要素は皆無という意味です。

これは実に簡単な話ですが、切り離され孤立した個人は、どこにも行けない、何も選べないのはいつの時代でも同じです。








2020年8月9日日曜日

20200809 均衡感覚を示す山羊座の箱

 昨日は朝日カルチャーのズーム講座で、12感覚について話をしました。参加者は135人前後くらいか。二回目になると、参加者の顔も声もわからないところで、ひとりで話続けることに慣れてきました。参加者の反応を見ないで、ひとりでやればいい。

で、山羊座の均衡感覚の話ですが、山羊座あるいは土星は、閉鎖世界を作り出し、外界との関係を切り離す。地球が激しく回転しているけど、地球に住んでいる人はだれも吹っ飛ばされない。回転は外との関係で成り立っているもので、外と切り離すと、地球はじっとしており、回転などしていないと感じる。

で、山羊座、あるいは土星を立方体の箱と例えるのがいつもの説明ですが、占星術は、この土星枠の範囲の中で考えられておらず、どこからどうみても、12サインの解釈とか惑星の解釈は、地球の箱の中で考えられている。地球上で実現できないものは、12サインの中にも惑星の中にも記述されていない。前にも言ったけど、自己実現をするところの自己は、社会の歯車としての自己であり、まずは地球範囲の中でのみ通用するもの、具体的には日本社会とかアメリカ社会とかの範囲の中でしか生きられない自己。

なので、純粋な意味での土星の箱は、太陽系の外枠としての土星の軌道にあり、つまり立方体に外接する球体軌道が本来の範囲。占星術は、地球の箱内のものなので、この土星枠というひとつ大きなサイズのものには遠く及ばない。

わたしは十代の終わりか二十代のはじめくらいに、土星に体脱して、土星に住むアルクトゥルス爺さんと会ってから、いままでずっと毎日何度も会っている。(肉体自我のわたしは、そのことを知らない。)アルクトゥルスは「形を溶かす」という作用が強く、これが箱に閉じ込める土星に住んでいると、箱を作ったり壊したりするわけだし、土星の箱の外の世界、すなわち太陽系の外との通路がいつも開いていることになる。

これがわたしの箱の建付けが悪くて、隙間が開いているとか、時には箱がなくなったり、あるいは床がべこべこの段ボールになったりする理由ですが、太陽系の外のもうひとつ範囲の大きな箱は、北斗七星の例のお父さんの棺桶の四角です。

で、ある時期、複数の存在のチームが、わたしを絨毯ごと、左のフェクダのほうにずらしたのを目撃していたけど、フェクダのほうにずらしても、真ん中の段ボールのべこべこについては、あまり改修していない様子。つまりわたしを床の端のほうの、下に落ちない場所にずらしただけです。

床の完全補修はしない。それはわたしがアルクトゥルスと一緒にいるから。アルクトゥルスは、結局箱を作らない。あるいは箱を壊す。溶かす。箱を作るとしたら、いつもそれは仮のもので、段ボール製であることは変わりないのか。

箱の範囲は、銀河範囲では北斗七星。太陽系サイズでは土星。その下に地球箱。それから日本箱。東京箱。代々木、千駄ヶ谷箱。というふうに、立方体をマトリョーシカみたいに重ねて考えるのがいいですが、小さな箱に対しても、支配力を持っているのは、もともとの極大サイズの箱であることに違いない。

なのでまずは北斗七星の棺桶での出来事が、そのまま地球生活とか千駄ヶ谷生活に降りてきます。で、昨日メールを送ってきた人の文章を引用しましたが、デネヴというか、はくちょう座は、基本的に選別をする作用があります。平民とセレブをわけてしまうとか、特区とか、優良生徒のクラスを作るとかやってしまいます。川をせき止めて巣を作ります。質を上げるにはこれをするしかないです。

なので、「あと10年ほどで、地球はより振動の高い人と振動の低い人の差が開く。」というのはいかにもデネブらしい。あと10年ほどで、というのは10年後から、ではなく、今からはじまって、10年後には、もう取り返しがつかないところに行くという意味です。これはりんごの木村さん説に近いですね。10年後にはもう取り返しがつかない。腰を浮かせるか、腰を大地に設置するか。地球が崩壊するというのは、振動を高くした人が見ている地球の光景で、振動が低い人の見ている地球は、崩壊していません。しかし異様に重く、互いに攻撃するような生活が継続しています。その地球という範囲の箱があり、もうそれ以外の世界は見えていないのです。しかしそのことに無自覚です。振動が高くなった人から見ると、もうとんでもない、なんでこんな悲惨な世界が繰り広げられているのかと感じています。しかし中にいる人はそのことに気がついていないのです。

今日の夢は、人類をこの二種類に分けるというのは、恒星の側からの選別が行われることもあり、グルジエフのエニアグラムでいう、上位意識からのインターバルショックを止められてしまうグループがあるという話でした。パイプラインの停止です。

そもそもが、夢を見た人の話では、あなたの振動を上げますね、といわれて腰が燃えるようになったと書いてあり、つまりデネブから、高次意識を身体に注ぎ込むと言ってるわけです。これは空気ショックのドの音の部分です。

ということは、そのショックを与えられない人もいるということです。インターバルショックは、自分では作り出せない。かならず上位意識からのショックが必要だという理屈なら、地球人の自発的な努力のみでは、振動の高い人にシフトする権利は与えられないということです。人間は自由だというわけではない。与えられる人と、与えられない人がいる。それを自分では選択できません。ただ帝釈天は、いままでの行状を見て、どちらにするか判断します。で、10年後には取り返しのつかない状態にまで行くけど、今からそれは始まっているということにもっと注意深くなる必要はあります。振動を上げられない人は、自分の中にある否定想念とか攻撃心を食い止められなくなります。誰かに対して攻撃する人は、上昇する方向に選ばれない人です。ある意味わかりやすいかもしれない。攻撃する人は、自分では正しいことをしていると思い込んでいます。

SNSでの攻撃とか、木村花事件とかを何度も話題にしていますが、これは選別のわかりやすい例です。自分の中に恐怖心とか不安が強い人は、それを人に対しての攻撃に転嫁します。韓国大統領も同じです。中国の支配者も、トランプも同じかもしれませんね。日本のアベ首相は、思い切ったことができず、自閉症に入ってしまいました。つまり攻撃するよりは少しはましなのかもしれませんが、回避行動として幼児化してしまいました。助けてくれるお母さんが欲しい。あまりにも日本人的です。韓国のリ一族の末裔じゃないよ。日本人そのものではないか。

確かにこう見ると、いま選別が起きていますね。










2020年8月8日土曜日

20200808 恒星では人の形が登場しない

メール内容です。

-------------------------------

今朝はデネブ·アデジの夢を見ました。

姿は見えないが誰かに説明されている。

あと10年ほどで、地球はより振動の高い人と振動の低い人の差が開く。振動数を高くするには身体の振動数が低いので、今から少し上げますと言われる。すると全ての細胞が振動。腰の部分が熱くなる。

熱くて焼けるかと思いましたが、今は普通の体温に戻りました。でもまだジワジワしてます。

---------------------------------

 今日の動画youtubeでも説明しましたが、

https://www.youtube.com/watch?v=O9dI1gE9yvY

夢の中で、人の形をなくすこと、そして人の形がなくなると、見える世界も、人の形が存在しないものになる(誰でも自分しか見れないのだから)という点で、

恒星探索では、人の形が登場しないのが、スタンダードだと決めるといいのではないか。

そうすると混乱は少ないと思います。

わたしも夢では恒星の場所で人の姿を見ることはない。概念体みたいなものかな。プラズマボディでもなく、意図を形象化しようとしている勢いはあるが、形象化していないようなところ。

ちなみに、デネブは、振動を上げるとか質を上げるということが得意です。クローズドな場を作り、するとそこでは質が上がる。オープンな場ではまず振動は上がらないわけだし。ただ恒星は、人間の肉体に手を出すことができない。エーテル体ボディなら可能です。




2020年8月6日木曜日

20200806 あらためて全惑星意識の獲得の方法

わたしはわりに全惑星意識については、よく説明をしていると思うのですが、それでもわからない、といういつもの人の質問メール。
youtube動画で今日の説明。


ほかにもいくつか質問メールがあるんですが、こたえきれない。このひとつだけで、一時間近く話してしまったので。

で、虫脳についてもっと知りたいという話ですが、
虫脳、羊脳、人脳というのは、三分節の話で、
身体性、感情、思考というふうにわけてもいいです。
羊脳、人脳には、おのずと限界があり、枠内でしか機能しない。
大脳辺縁系に該当する虫脳は、松果腺も含んで、大きな可能性があります。
わたしの昔の夢だと、松果腺を象徴とするひまわりの顔の子供が、
バッタにもたれかかっていたが、このバッタが虫脳でしょう。
で、虫脳は何かと掘り下げると、だんだんわからなくなってくることはある。
つまり生理機能として考えると、迷路に入るということです。
なぜなら生理機能は、ごく一面しか反映しないものだからです。
それよりタロットカードの、月のカードで、下から上がってくるザリガニは何かと考えていくのがいいのではないか。
月のステーションで、クワガタがいたという話ですが、
これは本格的に月のステーションに定着することを示しているでしょう。
言い忘れたけど、低次エーテル体を虫と結び付けてください。
空中を黒い虫が覆うような日本映画ありましたよね。たとえば蠱術というのも、これは虫脳を使う。
オジンオズボーンだと、チュウチュウチュウサラーッですかね。

以下、メール、
----------------------------------
H6になっていたら、他の恒星なんて知らない。頭の片隅にもない。ただ一人、ただ光る。

この恒星、あの恒星、と気にしたり、選んだりできるのは、H6から落ちたからできることなのでしょうか。

H6から7つ降りると384。384までは6の紐づけがある。でも768まで降りれば、その6の紐づけから離れられる。故郷の恒星から切り離されたことは、解放されたと捉えてもいい。768からジャンプして、再度恒星の紐を掴むときに、別の恒星の紐を掴むこともできる。

そんなふうに今は思っています。
-------------------------------------------
このように平面的に考えると、恒星の意味も理解できなくなる。
下の次元では、上位の意識を対象化もできないし、トータルなものを理解することもできない。
つまり惑星H48まで降りてくると、恒星H6を明確に把握できなくなる。
恒星を切り刻んで、ごく一部しかわからない。
人体でたとえると、胃は自分が所属する人間を知ることができるのか。
なので、384とか768まで降りると、
見えるものは隣の水とか土とかで、
恒星などという巨大なものは、想像することもできない。
さまざまなレベルの意識を、平面的に並べて比較するというのは、
前にも言ったように、ひとつひとつの次元の状態を、実感的に理解していないから。



2020年8月4日火曜日

20200804 常に降下するシーンの夢

最近の夢は、だいたい上から地球のどこかに降下するような内容の夢が多く、常に上から下に降り注ぐものです。
たとえば、昨日は、インドの北西あたりに、サイフが降りていくというもの。
そもそも地球に恒星の力は降りていくことができないので、
これは地球に見えて地球ではない。未来の、あるいは別の地球です。
今の地球には、恒星の影響はほとんど降下不可能で、期待できない。
中二階なら、どの星でも自由に行き来します。

最近はメールで質問とかが来るので、
それに関係した内容のyoutube動画を作っていました。
でも、依頼とか質問にすべて答えるわけではない。
これは「恒星に回帰する、あるいは上昇していく目的が見える」質問ならば
それについて何か話すこともある、というところでしょうか。
恒星というと、勘違いする人も多いはず。
天文学で恒星を示しているものだと思う。
しかし天文学であっちの方向にある恒星というのは、
その恒星の実体の20パーセント程度しか示していない。
たとえばベテルギウスはもう消えているという説もありますが、
これはベテルギウスの本体とはあまり関係がない話で、
でも、消えたというのは、恒星からひとつ上の全太陽レベルにシフトしたという考え方もできます。となると消えたということも考慮に入れてもいいかもしれない。
なかなかベテルギウスは謎です。

メール質問です
----------------------------------
今回、松村先生にお訊ねしたいのが、この時世下で子供を産む意味や意義について、です。
私はあと一年半程で40歳になり、妊娠出産の期限が近付きつつあります。二人目の子供を考えたりもしますが、経済的な点で踏み切れません。
前々から労働現場では人の手を介さない方向であったのが、このコロナ禍でその傾向が加速しています。人手を必要とせず、環境破壊も年々進み、人口爆発も著しいこの地球でまだ子供をこの世に送り出す意義は有るのだろうか?と毎日考えてしまっています。
子供は本当に可愛いのですが、私自身は何が何でも働いて稼ぐというタイプでは無いので、この年齢においてまだ二人目を持つことを躊躇しています。
-------------------------------------------
そもそも、地球人というよりも、宇宙に生きている存在としては
死なない、生まれない、ずっと永遠に生きるというのが基本です。
変容はするけど、それは死と再生ではない。
で、地球においては、ある時代から、人間は死んでいく、その後何も残らないと考えられるようになった。で、それでも継続的な意識を保ちたいということの代替的な手段として、子供を産むということを考え出すようになった。
集団意識の継続は、その中にある細胞の休みない新陳代謝を伴う。
それが果たして正しいことなのかどうかは、
その個人の価値観とか信念、哲学によって違う。
自分は細胞である。自分は全惑星意識に基本がある。
自分は永遠である。
自分は永遠ではない。
この違いによって、子供を産む必要性がなかったり、あったりする。
ので、自分で決めてください。
経済に関しては、今後、改善する可能性はきわめて少ないと思います。





2020年7月30日木曜日

20200730 主客の質問

質問が来ています。

>対象に自己同一化している事と、対象全てに自分が染み渡っている→自分じゃないものがない
>というこの2つは、上昇型、下降型の違いと考えていいのでしょうか?
>主客が混ざるというところも、上昇型、下降型によるとらえ方の違いと考えてもいいのか?

下降型とは、絶体の一なる原理から、自分が分割されて生まれてきたことを自覚している。自分の振動密度以下のものは、すべて自分を分割して作り出した対象性。つまり自分がすべてにしみわたっていることを知っている。
でも、自己同一化とは、対象に自分が没入して、自己が不在になった状態。
下降型の人からすると、この自分が不在になるということは少ないでしょう。

上昇型の人は、まず自己が不在ということから始まる。
自分は物質であり、偶発的に生まれてきたものであり、そこに意図というものは存在しないと考える。なので世界の構造についても、何もわからない。
この場合、自己想起練習は、驚くような新事実を知ることになる。

主客が混じるというのは、源流としての意識に戻ると、かならず途中で起こることで、その時には、目の前の腕時計もない、と言う状態になる。十牛図で第八図の段階で生じること。途上では、目の前の腕時計は自分なのだと思う。つまり主客の融合。でも腕時計から世界を見ると、腕時計を対象化できない。主客の入れ替えを頻繁に起こすと、最後客体は何一つ存在しないという状態に。
降りてくる時に、わざわざ客体を意図的に作らないといけなくなる。

スターピープルwebのコラムが昨日、アップされたのですが、
わたしの記事が複数、ランキングの上のほうにあり続けることに関して、編集の人がフィーバーという言い方をしていて、懐かしいと思いました。いまはインスタ映えも、古い言葉で、エモいというのが、新語ではないが、まだ腐っていない言葉となっています。でも、ずっと古くなると、逆に新鮮味があります。なので、フィーバーという言葉も、逆に使えるのかもしれないです。

https://starpeople.jp/seijingoroku/matsumurakiyoshi/20200729/12741/




2020年7月29日水曜日

20200729 自己想起の発展形

今日は、自己想起の発展形のyoutube作りました。
というのも、このままだと、自己想起についての真実を理解しないままになってしまうと思ったからです。

https://youtu.be/BNes_oJ35zQ

以下メール
--------------------------
それに、ロボットのように生きることに幸せを感じる人は少なくなく、ロボットのように生きること以上の幸せ感は想像していないというか。誰かの役に立つとか、社会内のなにかの役割になるとか、そういうことから抜けたところにある自己を想起し続けられる大人はけっこう少ない、と。1~2歳までは簡単だったことのようにおもいますが、ずっと幼児のままいられないし、常にし続けないといけない自己想起。
--------------------------------
マズローの言う、生存欲求、安全欲求、社会帰属欲求、社会承認欲求、あるいはさらに自己実現欲求を満たすには、ロボットであるしかない。
しかし、未来のプレアデス世界では、これまでのように「ロボットでないものを見つけると、寄ってたかって袋叩きにして殺してしまう」ということをしないで、人とロボットの間の平和的な関係が作られる。
いつそれが可能なのか。2300年くらいか。
地球の四つの未来のうち、環境破壊で死滅する人類は選択肢のひとつ。
そうでない、一番平和的な世界は、この未来のプレアデス圏。
わたしがこんなことを言うようになったのは、フェクダの押しもあった。


2020年7月28日火曜日

20200728 新インド王国?

>おかげさまで未来の日本を含む新インド王国のプラーナを感じ楽しく過ごしております。
>今朝の夢では安倍総理が死にそうな超老いぼれ爺さんになっていました!

インド、インドネシア、日本を囲む三角形の新インド王国というか、未来プレアデス居住区、ナーギニー王国は、今後ますます盛り上がると思うので、興味を向けると面白いのでは。
で、わたしがちょっと関心があるのは、「北京の影」かな。
中国が暴走しすぎているのは、崩壊が近い合図と見てもいいけど、これを後押しするチームはいくらでも出てくるでしょうが、今、旬なのは北京の影かな。立候補すると終身刑になるけど、それを怖くないという人は多数いるのではないかと思う。

>ところで松村先生はどうして手術することにしたのでしょうか?

大腿骨の崩壊が進んで、寝ても、椅子に座っていても、痛いから。
それと、わたしは腰から下の足は、地球にいる間は自分で管理しないと決めたから。
そこにわたしはいませんになる。創造の光線は腰から下には降りてこない。
そこを人造人間キャシャーンにしてもいいね。ヘルメス方式だ。
なので、チタン製でもいいです。ますます埴輪宇宙人の希望する方向になる。
とはいえ、今のご時世、新コロナ患者以外の手術予定患者は病院から追い出される可能性はありますよ。
となると、延期ですね。

>今日の動画の最後のあたりで、アルシオンも他の宇宙系との絡みがあるから、自分の支配から
>逃れていこうとする者に対して、単純に押さえつける形にはならない、とおっしゃられていました。

そもそもアルシオンは単純な支配はしない。
たくさんのチョコレート区画と言ったように、とてもバラエティがあり、ディズニーランドみたいで、これらをゆるーく統括している。
おそらく、アルシオンが管理していない世界よりも、このアルシオン幻想空間のほうが、はるかにのびのび自由に感じているのでは。なぜなら、オオカミが来ない。

で、このアルシオン空間は、エデンあるいはタカマガハラで、ここには蛇が入ってくるけど、この蛇はシリウスです。このシリウスをそそのかしたのは、オリオンです。
これにアルシオンは怒っているのかというと、そうでもない。
アルクトゥルス、アルシオンのマトリクスの13蛇の道は、13あるいは9の世界を作り出す。そのために、シリウスとオリオンも歓迎するけど、頭の悪いシリウスが来ると、怒るのでは。手の込んだ芸術性を作り出したいから。

いまは病院づけです。入院前に、総合病院に行ったり、関連の他の病院に行ったりして、驚いたのは、お医者さんが、親切すぎて、みな、幼児を相手にするような態度だということですね。
はっきりいって、以前骨折で救急で運ばれた小滝橋の病院みたいにワイルドでない。
しかしワイルドなあの病院にしても、二週間も入院していたら、なじんでしまい、病院っていいなーと思ったりしていました。
今の病院では、いまから針刺しますね、チクッとしますよ、はいチクッ、みたいな言い方とか
歯の様子見ますので、はい、あーんしてくださいね、みたいなノリ。
口から突っ込む麻酔をするために、歯の雑菌はあってはならないということで、歯の治療に行ったのですが、頼んでもいないのに、歯のクリーニングもしてくれて、歯がピカピカです。
去年行ってた歯医者さんはダークで、脅すようなことを何度も言っていた。
そのことを総合病院で言ったら、「明るい歯医者さんを紹介します」と言われたので、その指定病院にいったら、ミニドールハウス作りにはまるような人でした。歯のひとつひとつを、三菱地所のビルみたいに思ってるんじゃないの?
で、二か所の病院で、共通のものが、他のお医者さんに問い合わせするのに、「お手紙を書く」という言い方をすることです。内分泌科にいたら、「形成のお医者さんからお手紙が届いています、今から読みますね」と。







2020年7月26日日曜日

20200726 朝日カルチャー講座

昨日、朝日カルチャーのズーム・ウェビナーで、オンラインの講座しました。
そこのセンターでははじめの試みなのかな。
参加者は190人だそうで、さすがに実会場だと、60人がマックスだったので、ズームは余裕がありますね。ズーム・ウェビナーは、参加者の顔も出ない、声も聞こえない。で、質問は質問欄に書くようになっていますが、昨日わたしが答えたのは35人前後で、滝のように質問が流れてくるのを早く読まないと、スクロールで消えてしまうような状態でした。
占星術に関して、座学として取り組む人は、実感がなくても知的な関心で質問してきます。これに答えるのは意味のないことですが、勢いよく質問が出てくると、反射的に答えてしまいますね。
身体も感情も乗ってこないのに、頭だけが好奇心を働かせる参加者を、地を這う組と名付けるといいと思います。つまり動きたいけど、身体は大地に縛り付けられている。次に惑星を生きる組。惑星を生きる組は、他の惑星のことも認識しています。さらに惑星から飛び出す組とか、宝塚みたいにわけるといいと思う。惑星から飛び出すのはもちろん全惑星意識に向かう人です。

で、次の講座は、8月8日になっています。

https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/c95ea69a-4533-7239-aae0-5f0d1d141318

プレアデス探索をすると、ロボットが出てくるというメールをしてきた人がいます。
これは前からそういう感じになりやすいです。
登場するのは、ロボットか奴隷が多いです。
事実、タイゲテの惑星に住むセムジャーゼは、ほとんどの地上作業はロボットがすることになっていて、人間は短い時間当番制みたいに監督をする役割だと言ってます。
たとえば週に三時間当番があるとか。

このプレアデスのロボットは、だいたい今の地球人の知的水準くらいではないかと。
グルジエフは、ほとんどの人間は機械に支配されていると言いますが、そのことに気が付いていません。機械的に支配されていることを、地球では自由だと言います。
毎度のたとえ、カレーが好きな人が、カレー屋さんをやる。これを自己実現と言いますが、カレーが好きというのは、自分の機械的性質の奴隷になっていることです。
ロボットはプログラムされたことを実行しますが、たとえば子供に毎日野球を見せていたりすると、このプログラムで、やがて彼は野球選手になるのでは?

で、地球人はプレアデスの子孫みたいなものでもあるので、プレアデスと同じような未来になると思います。ただし、これは崩壊する地球とは違うマルチの可能性を言っています。だいたいいまのところ、おおまかに四つの未来コースがあるのでは。ひとつはリンゴ農家の木村さんが言うように、近いうちに人類が崩壊するという。
で、わたしはプレアデスは都市を作り、人口を増やし、穀物を育て、定住し、働き、稼ぐと言いました。社会ができると、そこにヒエラルキーが生まれます。
働くという道具主義的な存在をロボットと言います。
またヒエラルキーの下の階層は奴隷です。
でも、いまのところ地球人は、自分の機械的諸属性に従属しますから、これも奴隷と言ってもいいと思います。カレーが好きな人がカレーを食べることをフリーダムと言いますが、実情としてはこれは奴隷です。グルジエフが地球にはロボットか奴隷しかいないと言っていますが、これもプレアデス人が見たような世界だと思います。
日本の天皇の最初の三代はプレアデスの子孫だと言われていますが、日本はプレアデス的で、つまり日本は奴隷社会です。互いに監視し合い、コースから外れると攻撃して殺してしまうようなことも起こります。カルロス・ゴーンはこれに怯えたのですかね。
天皇のことを「龍体」と言うそうですが、最初の三代は実際に龍の身体では。

都市を作り、働き、ヒエラルキーができる。ということでは、働き者の会社員は、プレアデスからすると、自分たちが作り出したロボットと見えています。
わたしにメールしてきた人は、プレアデス探索で、アイボがいたと言い、今日の夢ではアイボが吠えすぎて焦げたので心臓の電池交換をしたそうです。アイボには愛着があるそうです。愛着というより愛慕ですね。
プレアデスの、人類改造計画は、もっと性能のいいロボット作りと考えてもいいです。
よく出来の悪いSFでは、ロボットが自由をもとめて反抗するという話が出てきますが、わたしがこれまで説明してきたように、ロボットが自由をもとめて反抗し、自由を手に入れると、さらにもっとロボット化します。つまり地球人が思っている自由とは、自己の機械的性質への隷属だからです。カレーが好きなロボットが、もっとたくさん、たとえば一回に五杯カレーを食べさせろと言ってクーデターを起こすのです。

本当の自由とは、高次な意識にシフトすることで、肉体から解放されたところ、立方体の中心にいることです。この時、すべての圧力の均衡を取るのです。
プレアデス人は、このような理屈について、とことん知り抜いているので、超越的ロボットを作りたいのですね。
これまでの自分の位置に、誰かを連れてくると、自分はその先に行けるというのは、道教の教えで、そのために人間階段を作るのですが、プレアデス人は、超越的ロボットを作り、いままでの自分と同じような位置にそれを置くと、自分はもっと先に行けると自覚しています。
セムジャーゼの発言にもプレアデス的な階級主義がありますから、彼女は、エジプトの神官たちをピラミッドねずみと馬鹿にしていました。プレアデスの奴隷たちが反乱を起こし、地球に逃げ込みましたが、これも想定内の話で、というか、もしかしたら、誘発したのかもしれません。彼らはいまも監視されています。
ロボット、奴隷。これはプレアデス的な世界観の中での定番的なものです。
いっぽうで、オリオンは農耕でなく狩猟民みたいなところがあるので、社会的なヒエラルキアがないです。プレアデス的な人々は、これが社会紊乱になりかねないので、彼らを無縁の人々にしてしまったのかもしれません。

グルジエフは3の法則と、7の法則について語りましたが、3の法則はオリオン三つ星、7の法則はプレアデスに近いと考えてもいいかもしれません。もうひとつの組み合わせは、北斗七星と、春の大三角。

三日前くらいから、北斗七星に回帰したはずの死んだ家族が、また戻ってきた。濃いエーテル体の魄のところに。なぜ?と思ったが、そもそも北斗七星とカシオペアの重なりをチャレンジしていたのに、カシオペアがちょっと薄いから、「差し替え」をしたいらしい。なるほど、エーテル体をトランポリンに使うわけですね。好きにしてください。















2020年7月24日金曜日

20200724 今日はyoutubeで絵の分析

今日は絵の分析をしてくださいとメールで依頼してきた人の提示した絵を分析しました。
マトリクスで読むと、これはホロスコープを読む作業と変わらないのでは、と思いました。ホロスコープでは、惑星、サイン、ハウスとかアスペクトには特有の意味がある。その組み合わせを読むわけで、絵の分析では、それが色、形、象徴などに置き換わって、この組み合わせを考えるようになる。
そういえば、以前、チャートの分析しないで、クライアントに絵を描いてもらって、そこからカウンセリングするということもしていた。これもほとんどタロットカード占いと違いはない。占星術やタロットは、イメージが決まっているものを組み合わせる。絵の場合には、この素材がやたらに多様化しているという違い。

22日に、病院で、血を摂りました。これは手術の輸血用の血を貯めておくためです。
なぜか、血を抜く前に、血圧が146まであがっていて、気分も異常な感じ。
しかし血を抜いていくうちに楽になり、最後に107くらいで、普通になりました。
どうして血圧が上がったのかわからない。
十年以上前には、この高いほうの血圧がずっと85くらいだった。

わたしは自分のツインがダスカロスだと本に書いたことがあります。
イエス事件の時に、Yの字に分岐した。ダスカロスは十二使途の側。で、わたしは聖トマスの側で、東に移動。
でも、今日、ある人が夢で、以下のようなことをメールしてきました。

>今朝の夢はインドで、すごく有名なバイクの修理屋を訪ねたらダスカロスだったのです!看板もありました!
>ダスカロスが夢に出てきたことはなくさほど注目したこともなかったため驚きました!

聖トマスはインドで死んだ。チェンナイだったか。
ツインとしてのダスカロスが、インドのバイク屋というのは、Yの字分岐をしておらず、十二使途のツイン的分裂がないということだ。上層インドをアクセスするみたいなものでは。

細かい話題なんだけど、わたしは毎日、事務所の4wayのマルチアンプのスピーカーで音楽を聴いています。朝は、だいたいハルモニア・ムンディのアルバムを聴いている。バッハ以前の音楽です。
で、最近、ヤフオクで、妙に安いホーン+ドライバを見つけて、落札した。
これはJBLの2インチドライバ2445と、ホーン2386のセットで、2386ホーンは小型のわりには、350ヘルツまでロードがかかるらしい。というわけで、手に入れてから、事務所システムを3wayにしてみました。ミッドハイが350ヘルツまで落とせるなら、ミッドバスはいらない。ウーファーの2235の鈍重さを避けられるからです。
聞いてみると、声が自然です。おそらく弦楽器もナチュラル。
4wayの時のドライバ・ホーンの金属的な刺激がないので、ソフト。
どうせ何使っても飽きるのはわかりきっているけど、悪くはないですね。
ベートーヴェンの後期SQを聴くには向いているように思います。




2020年7月21日火曜日

20200721 今日はyoutube作らない

今日はyoutube動画は作りません。
昨日は、気が付くと動画は一時間超えていた。
なんとかがんばって十五分くらいのを作りたいけど。
なぜかいつも長くなります。というより、少しずつ長くなっている。
今日はweb雑誌のコラムを書きたい。

で、動画作らないので、かわりにメモがわりに、夢の内容を書いておくけど、
以前やっていたサークルの参加者のひとりが、
インド、インドネシア、日本を囲む三角形エリアを、自分の島にして、勢力を拡大し、そこで未来的な文化を作るというような内容でした。
黄土色のバーが四本立つようなイメージ。
で、グーグルで見ると、このインド、インドネシア、日本のエリアは、横に伸びた三角形ですが、夢はエーテル体の体験で、このエーテル体では、このエリアは正三角形に見える。そもそも物質界とエーテル界では、こうした比率が変わってくることは多い。
おまけに言っておくと、サークルの参加者の人も、その個人ではなく、
そのアーキタイプであり、すると、肉体を持つ個人としては、複数存在するはず。

中国がどんどん勢力を拡大していますが、この勢力拡大は、中国の危機状態に近づいている印のようにも見える。昔からの中国のパターンと同じことを繰り返しているので、ある種これは「中国型」と言えるようなもので、わたしのイメージでは、やがてインドに滅ぼされる。あるいは吸い込まれるのか。
今日の夢は関係あるのですかね。インド、インドネシア、日本の三角形が徐々に拡大していく。でも、わたしのイメージでは、日本は未来に存在していないので、形を変えているものというよりは、インド、インドネシア、日本の三角形が国イメージを作り、実際の日本はそこに吸収されて、日本そのものは消えていくということでいいのかもしれません。

未来の可能性は複数あるので、ひとつがこのようなコースをたどるということでしょう。
で、未来が複数ある時、それぞれの人が、どのコースを選ぶか決めないといけない。
乗り換えのポイントは、いくつかあるので、その時に、ちょっと首の方向を変える。
ちょっと前に、箱の中に仕切りがあり、この中に色とりどりのチョコレートが入っているような夢を見ていましたが、昨日あたりには、これは、プレアデスの散開星団をあらわすものと考えるようになりました。
ヨーロッパはプレアデスのエウロペから来ているという話がありましたが、このたくさんのチョコレートの集積は、インドネシア近辺のたくさんの島とか土地の集積に見立ててもいいのかもしれない。
昴は統べるで、集団を支配するということに結び付くと説明しましたが、夢で見たチョコレート箱はそれぞれ区画があり、箱でまとまっているけど、チョコレートのそれぞれは比較的自由な感じがしました。中国はこうした個々の自由を許さない。日本でもgotoキャンペーンは、それぞれの県が勝手に計画すればいいのにね。

ただ日本はあまりにも緊張しすぎて、息苦しい国で、油の切れたブリキのおもちゃみたいな感じもあるので、やはり日本はやめてインド、インドネシア、日本の三角形世界にシフトしたほうがいいとも感じます。数年前に旅行した時、ジャカルタは自動車とビルしかないのであまり居心地がいいとは思わなかったが、マレーシアとかカンボジアは良かった。





2020年7月17日金曜日

20200717 8月に病院に

大腿骨の手術を8月にする予定ですが、個室を確保できるのかどうか、確約できないという話なので、個室でないなら、youtubeは作ることはできません。
ので、8月はyoutubeを作らないという予定で考えたほうがいいのではないかと思いました。人間の身体について考える時には、ヘリオセントリック図はまったく役にたちません。ジオセントリックも役に立ちにくいけど、すくなくとも、ヘリオよりはわかりやすい面があります。
で、ジオセントリック図で考えるかぎり、ここ最近は、危険期であるので、つまり身体離脱が起こりやすく、こういう時に手術するのは予想外のことが起こりやすい。これは地上的な知性の人からすると予想外ということですね。天上的な知性の人からすると、別に想定外とは思っていない。このあたりは「意図的に」加減できる。
夢では最近ずっと元気すぎるというか、エネルギィが爆発するような感じが多い。
エーテル体は生命体と訳されますが、これが元気な時には、肉体は反対になりやすいです。エーテル体やアストラル体は肉体を破壊する、というのが原則です。
で、入院するとなると、入院している時の状況をいまから想像して、予定を立てないといけませんね。それは海外旅行に持っていくものを点検するよりも、もっと緻密な感じになる。



2020年7月14日火曜日

20200714 今日はyoutube作らず

今日はyoutube作らなかった。
今日の夢は、タバコを二つの店でできるかぎり確保するような内容。
以前QHHTで、わたしは塔の上にいて、下から上がってきた人が、茶色のスティック状の食料を置いていったというのがありましたが、後で思い出すと、このスティックは日本では線香のようなもので、西欧的にはタバコかな。
煙を食料にするのは、エーテル的な存在です。
なので、いまタバコを確保するというのは、エーテル的なレベルで、食料を確保しているということで、冬眠する熊が、その前に食料をできるかぎり確保するような行動かも。
QHHTで塔の上にいたというのは、ろくぶんぎ座アルファ星にいたというような、地上では、山の上にいたということです。通常の物質的な食料は摂れないが、煙の振動密度は、火と空気の混じったようなもので、H96とH192の中間のようなものです。



2020年7月12日日曜日

20200712 明日からはyoutubeは

明日20200713からはyoutube動画は、時々作ることにします。三月半ばから毎日作っていましたが、そろそろ文章を書こうと思います。
これはyoutubeを作ると、だんだんと時間が長くなってしまい、短くできないのが困るというのもあります。いまは40分を超えており、今日は50分弱。これを準備なしでいきなり話していますが、ちょっとやりすぎだ。

一日一時間から一時間半くらいしか働かないというのが基本なので、動画作るか、文章書くかどちらかになるのです。



2020年7月11日土曜日

20200711 枠の拡大

朝日カルチャーセンターの7月25日の講座は、最初はズーム・ウェビナーの設定で、100人をリミットにしていたのが、今回はもっと枠を広げることが可能になったそうです。
このことを、今日の午後8時以後に告知お願いしますと言われたのですが、
わたしは午後8時はすでに寝ています。パソコンをアクセスするのは三時半くらいまでです。なので、いまのうちの書いておきます。キャンセル待ちの人を優先したいからだそうですが、そこまで大げさな話ではないと思うので、とりあえず書いておきます。

ある人が、夢を見て、わたしの大阪講座では、大阪に人が集まっていて、ここにわたしが到着。で、わたしは象に乗せられて会場に行くらしく、町を歩いている人が、いったい何があったんだ?と見ているような。
この夢は、わたしの冥王星、木星のクロスラインが、クレタ島あたりから大阪あたりに、北緯ラインで走っているからで、象というと、いかにも木星/冥王星でしょう。大阪で講座すると、少しずつ大げさになっていきます。
で、象に乗っているわたしが、これからはこのやりかたをやめてくれ、と言ってるらしい。それはわたしがアルニラムのほうにしたくて、アルニタクに行き過ぎたくないと思っているからです。アルニタク(ラー神)は人に囲まれて、教祖的とかカリスマ的になったりします。アルニラムはそれを嫌がる。というのも、人の集まりに拘束されると、身動きとれなくなるからです。異次元を移動するアルニラムの目的が果たせなくなる。アルニラムは、人の集まりを避けようとするのです。
この人の集まりを避けようとする姿勢は、デネボラと相性がいいです。アルクトゥルスとスピカとデネボラは、わりに共鳴します。大三角です。

八月に手術する予定でしたが、今の東京の新コロナ感染者増加を見ると、はたしてわたしの手術は予定どおりできるのでしょうか。病床確保されて、わたしが入る場所なくなるのではないでしょうか。歩く必要のない生活をするのなら、このままでいいです。歩かないのなら、なんの不満もないです。




2020年7月9日木曜日

20200709 毎日メール来る

わたしがyoutube動画の例になるようなチャートがないと言ったので、毎日、わたしのを使ってくださいというメールが来ます。
全員が、気が向いたら、と前置きしていますが、中には、わたしのチャートはきっと役に立ちますよーと言ってる人もいる。
サークルをしてないし、集まりなどをしていないので、何か言いたいことがある人は、みなメールです。
いままで長い間、集まりとかは、誰かに主催してもらってやっていましたが、これだと、主催者のキャラクタのフィルタが強くかかる傾向はあります。でも、自分で主催すると、加減がうまくいかない。で、このあたりの調整がとても難しいので、集まりという人員の囲いを作らず、公開youtubeみたいなたれ流しで、制限なしというのが一番いいのではないかと思ったのですが、人との間合いが詰められないように、コメントなどはいっさい応答しないと書きました。

つまるところ、この社会での人との距離感が難しいという話です。で、前世イメージでも、わたしは塔の上にいて、下界を望遠鏡で見ていたというのが多いのですが、わたしの地球ポイントに重なっているデネボラは、そもそもアウトサイダーで、人の輪の中に入らないというものです。いままでは、ちょっと引いたところから見ているということだったが、一番まともなスタイルとしては、横のレベルで引いているということより、高所から望遠鏡で見ているというのが自然です。

で、自分の自我を恒星している恒星はいくつかありますが、このうち、もっとも地球に近づけるのは、ろくぶんぎ座のアルファ星です。このウラニアと呼ばれる恒星は、ムーサのひとりなので、ヘリコン山の上にいて、その点では高所にいて、里には降りてきません。ウラニアは占星術に関係が深いので、地球に最も近づけるのは占星術、それでも、地面を歩くことはなく、山の上にいるということです。占星術はそもそも星の話なので、地面を歩くことなどないです。わたしから見ると、占星術は、それでも地上に近づく架け橋ということです。

前に、人を見るより、その人のチャート見るほうがリアルで現実的と言いましたが、チャート見ても、その図の持ち主の人は見ない、というのがちょうどいいバランスではないか、と。チャートと人が乖離した時には、人の生き方のほうが脱線し、間違っているのだと考えるほうがいいでしょう。食べるたびに変形し、何か体験するたびに自閉してしまうからで、極度に短命な蝉のような人生を重視するというのは異常な習慣でもあります。
わたしは恒星探索を薦めていますが、行き着くところまで行くと、自分の故郷あるいはルーツの恒星に自我の拠点を置き、地球上では一瞬体験しているだけという視点になります。これはほぼ全員がそのようになってきます。

このことで、地球上においての異常な思想、異常な習慣は是正されていくと思いますが、たぶん、その前に、地球集合意識のほうが息絶えてしまう可能性はあります。地球は転落することも崩壊することもありません。それは人とは比較にならないほど、安定し、また自分の目的があるからです。地球が危ないというのは、地球に住んでいる人類が危ないという意味です。地球はそれに対して、ちょっと無関心そうに見ています。地球から見て、人類は家ダニなので、時々天日干ししたいんですよ。

で、人類をいくつかのグループにわけて、あちこちに移動してもらうということをわたしは考えたのですが、この場合、わたしが人類とみているのは、人口の3パーセントよりも低いものです。人を見た時、この人は写し絵として実体の存在しない機械的なものなのか、それともちゃんと自分で思い、考え、意志を持とうとしているのかを考えます。
自分で思い、考え、意志を持とうとしている存在は、人口の3パーセントもいません。コリン・ウィルソンは、5パーセントと言いましたが、実際にはもっとぐっと少ないです。
自分の推進力を持った人はエーテル体を発見します。物質界は残像なので、受動的な人は、残像を現実とみなし、それよりも先に進むエーテル体を認識できません。
エーテル体は、どんどん先に進み、残像を振り切らないことには見えてこない。このあたりが、楽しく面白いです。怠けた瞬間、エーテル体は見えなくなります。つまりエーテル体とは、この世に反映されていない、未来ヴィジョンということですね。








2020年7月8日水曜日

20200708 講座の内容

わたしが朝日カルチャーで、申し込み定員漏れた人に、違う日に講座すると書いたので、同じ内容なんですか、という問い合わせが朝日カルチャーに行ったようです。
でも、同じ内容はしないです。
毎度違います。
リロケーションとかマップをしてみたいけど、すると、図をたくさん出さないといけませんね。いまは海外旅行できないので、飛行機飛ばないので、マップは不向きかなと思う人も多いでしょうが、直接身体をそこに運ばなくてもいいではないか。
たとえば、わたしはホータンに、金星や火星のICが通っていますが、なら、想像上でもいいし、あるいはその土地の文化に関係するものを手に入れたり、歴史を見たり、つまり時間的に今でなくてもいいと思います。


2020年7月7日火曜日

20200707 朝日カルチャーのズーム講座

7月25日の、朝日カルチャーのズーム講座は、先週の土曜日に募集開始して、今週の月曜日には100人枠が埋まったらしいのですが、ズームのウェビナーで、はじめてのこともあり、最初から100人と設定しており、変更できないので、申し込みに漏れた人は、あらためて、違う日にズームする予定らしいです。

で、わたしとしては新幹線に乗らないし、前後の時間かからないので、朝日カルチャーのズーム講座は、会社のほうから要請があれば、もっと頻繁にしてもいいと思います。
zoomなので、日本のあちこちの地域から申し込みがあるそうです。
なら実講座よりも、はるかにいいでしょう。
あとはサークルも終了したし、8月あたりから、大腿骨の手術を近隣の大型病院に申し込みましたが、なにかわたしの体調にいろいろと問題があるらしく、予定どおりにスムーズに進むかどうかわかりません。なので、朝日カルチャーの講座の今後の細かい日程が、直近は決められません。
でも何度か試みると、ズーム・ウェビナーにも慣れてくると思います。
液タブで、共有ホワイトボードに文字や図が書けるし、きっと便利なはず。
講座というのは、講師の顔出しは意味ないです。顔見るために参加するわけではないし。
ホワイトボードだけでいいんです。
で、もし入院することになったら、
個室病室で、youtube作れないか考えています。
wifiはダメなそうですが、4Gならいいよという話。
ずっと前に骨折で小滝橋の病院に入院した時、しだいに、病院が気に入ってきましたが、今回も似たような感じになる可能性はあるのでは?
というのも、これは海外旅行して、その場所のホテルにいるのと似ています。
わたしはたいして観光しないので、どこの国でもスタバかマクド、そしてホテルの時間が長い。
akira氏のカンファレンスは秋分あたりなので、それには間に合わせます。



2020年7月5日日曜日

20200705 瞑想家のチャート

ある人が、自分のお父さんの図を使ってもいいです、とメールくれたので、今日は、ダンテス・ダイジさんのチャートを参考に、ジオとヘリオの重ね書きをyoutube動画で説明しています。
このチャートみた瞬間に、わたしは富士講の開祖の角行を思い出しました。同じ匂いがする。


昔、ラクシュミに、北斗七星の恒星探索の時、紫微斗数を参考にしてもいいかと聞かれましたが、いま考えると、紫微斗数で使われている北斗七星の星は、暦のカウントで使う概念で、実際に北斗七星からかけ離れているのも多々あります。そもそも恒星だし。恒星の性質を、地上で限定するのは不可能です。
紫微斗数イメージで行くと、かなり違うという実感もあるかもしれません。
しかしもしかしたら、導入として紫微斗数のイメージを使い、実際に行ってみてから内容を修正するということもできるのでは。

ダンテスさんは、1950年生まれで、この時期の人には独特の熱気がある。ある意味クレージーなと言ってもいい。
で、三年後に生まれたわたしは、この熱気を抜いたところで生きている感じがありますよ。あ、熱いねー、しかしちょっと距離離れたところから見てるよ、というような。
具体的には、高校生の時に、テレビで、学生運動を見ていて、大学に立てこもりしていたような人を、傍観していたのですね。
三島由紀夫事件も、高校の時に、担任の先生が授業中に、報告してくれたけど、先生はきっと興奮したり動揺したりしていた。しかし、生徒のわたしたちは、へぇーっで終わり。
宮川さんは、ある専門学校での会議で、
「松村さん、バス燃やすのって、楽しいよねー、よねー」と言ってたけど、
わたしの世代はバス燃やしません。
なんか50年代の人たちの熱い感じを、こないだの香港の暴動で思い出す感じもありました。しかし周庭さんには、あの時代のクレージーな感じはありません。わりに冷静。鼻ぺちゃ族として、日本人も協力したほうがいいと思います。






2020年7月4日土曜日

20200704 七月の朝日カルチャーズーム講座

7月25日に、朝日カルチャーのズーム講座で、ホロスコープの相性図をテーマに話をします。このテーマは、前に、わたしが朝日カルチャーに行かなくなったので、中断していたテーマなんだそうです。そもそもなんで朝日カルチャーに行かなくなったんだか。思い出してみると、遠くに歩けなくなったからですね。駅で電車に乗るまでは予想以上に長いので、歩くのは不可能です。とくに階段は三段程度でも無理です。いままで会場は六十人でいっぱいの場所だったので、ズームなら制限ないですね。

https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/28237f8c-3eeb-5310-1354-5efc3b169784

ヘリオセントリックをジオセントリックに重ねるという解読の難易度の高いチャートを作ることにしたので、すこしだけジオセントリックに興味を取り戻しています。
これは肉体感覚に、エーテル体感覚が不規則に干渉をします。

ある会社から、オンラインでの対談の企画を提案されました。たぶん、これからもこういう企画、時々くるかもしれませんが、今後、対談については無理だと思いますので、全部お断りすることになると思います。
今後、というよりもかなり前から、対談は無理です。
これはわたしが横並び的な位置で座ることと、もうひとつは受信する、すなわち話を聞くというのができないからです。自我が恒星位置に戻ってしまったと言えばいいです。比較知性、相対的知性が使いにくいです。

それに話を聞くことができないというのは、たとえば時々メールで、翻訳したものを読んでみてくださいとか、自分の原稿を見てくださいとか、意見を聞いてくださいというのがありますが、実は、一度も読んだことがないのです。(かなり前から。10年前、というよりももっと前から。)黙っていたけど、実はまったく読んでいません。中には翻訳したので、この意見を聞きたいと言われたことがあって、大冊が送られてきたこともありますが、最初の一ページも読んでない。というか添付ファイルを開いていない。
買ってきた本も、数ページも読めないのに。

最近、ずっと水星とパランしているベテルギウスが、わたしの知性活動を支配しているように見えますが、ベテルギウスの100分の一くらいの、地上においての分霊のような、ヴォータン(オーディン)は、知識欲がすさまじいと言われています。
水星とパランしているから、よけい知識的と思いますが、地上にある本は、知識を補充する可能性はきわめて少ないと思います。おそらく、一世紀に数冊程度は「客観的知識」を提供するものがあると考えますが、それ以外は知識を提供することはないと思います。提供してくるのは迷い言葉みたいなものばかりです。
なので、知識を欲しいヴォータンは、地上の本を欲しがらない。
変成意識あるいは夢からしか、知識を得ることはできません。
こういう考えのわたしが、地上で対談すると、どうなるか予想つくでしょう。

で、しばらくはyoutube勝手に配信が楽しいです。
ユーチューバーの作った番組を時たま見ていますが、みな勝手に番組作ってるのが、楽しそう。
求められていないのに勝手に作ります。これいいですね。
話題がなくなっても、無理して、どうしようもないものも製造する。これもいいです。
突発性大腿骨頭壊死症についてのyoutube番組見ていたけど、女子大生くらいの年齢の人のそれも見た。ステロイド服用が原因で、その年齢でもなりますね。マラソンしすぎてなる人もいる。素潜りで壊したり、ゴルフでパキッと音がしたという人もいます。
北海道の人で、ある病院に行っても、馬鹿にされるだけで、お前の生活態度が悪いからと、障害者手帳作ってもらえなかった。しかし札幌の病院に行くと、すぐに作ってもらえたし、すぐに手術してくれて、馬鹿にもされなかった、ということを、不平たらたら話し続ける男性のも見た。他からの情報では、札幌の病院は日本でも有数の専門医の場所なんだそう。
テレビとか新聞だと、こんなことわからないんです。なので、youtubeは面白い。











2020年7月1日水曜日

20200701 昨日サークル終了

昨日の6月30日、サークルを終了するので、参加者の自主退会をお願いしました。
で、124人のうち、102人は退会してくれたのですが、
20人くらいが残っています。これはわたしのコメントを読んでいなかったというか、昨日にサークルをアクセスしなかった人なのかもしれません。
わたしのほうから会員削除すると、七月ぶんの返金もされるようなので、これは今月中に削除してみます。ここまでくると急がなくてもいいのかも。

最近はカルチャーセンターでもズーム講座始めるところが多いのでしょうか。
わたしもカルチャーセンターのズーム講座する場合があれば、急に占星術の基礎的な話題などをしてみようと思います。気分転換か。
説話社の分厚い教科書は、いまは19刷りくらいまで行っているらしく、ということは波もなく平均的に売れているということですね。このあたりを題材にするのもいいかもしれない。

何か活動する時には、ターゲットに向けて働きかける必要があるので、ターゲットのイメージを決めると思います。で、数年前から、だんだんと日本社会の人々をターゲットにするというモチベーションが低下してきたので、その意味で、自分で勝手にターゲットを作るということで、最近対談形式の本を書いてきたわけです。
で、たとえば三か月半、noteのサークルをしてきたのですが、これは参加者をターゲットにするという形で成り立ちます。でも、やはり社会内人間をターゲットにして活動するというのがわりにやりにくくなっていることは事実。
たとえば潜在的なスタピは、人口の3パーセントと想定していますが、これをターゲットにするという時、どのくらい話題を先に進めるかという点では迷う。
で、夢の中で、あるいは変成意識、エーテル体での宇宙的存在との交流は比較的多めなので、これをターゲットにして活動するというのは、わりに面白いです。
しかし、それだと地球にいる意味がなくなります。

それで、多重ターゲット、地球の中にいる3パーセントの人々、宇宙存在、中二階の人々などを設定すると面白いと思いますが、今後、このターゲット設定はますます重要になってくると思います。いまのところ、youtubeはターゲットを意識しないのでの垂れ流しです。これはベテルギウスに接触したとたんに、箱壊しをしてくれというような圧が来て、それに従っているふしもあるのですが、ターゲットを意識しないで、一方的に放射すると、その振動密度にふさわしい壁、反射器が自動的にやってくるということもあるので、そのまま何も考えないで動画作るのがいいですね。
ちなみに、わたしのyoutube動画は編集がありません。
編集のしかたをしらない。ので、40分の番組作るのにかかる時間は40分です。
プラス、アップロードに数分です。

サークルでの参加者が、かぐや姫はどうして、求婚者に無理難題を出していたのか、理由を知りたいので、月ステのかぐや姫に質問すると言ってましたが、
その時にわたしは忘れていたことがあります。かぐや姫は月の都市に移動した瞬間に、地球の記憶をすべて失います。なので質問しても、それ何の話?となることが多いはず。

もうひとつ付け加えると、それぞれの次元の間には、無と無限の壁があると言いましたが、この無と無限について理解するのは、非常に困難です。
グルジエフのことを書いたウスペンスキーの奇蹟を求めてを読むと、ウスペンスキーは、この無と無限に関しては、まったく理解できていません。あらゆる次元は地続きであると信じているようです。それは言い方を変えると、ウスペンスキーのエゴは、全宇宙を支配するといいたげです。無と無限を正しく理解できると、その人は異次元についても正しく理解することができます。自分を根底から否定される体験をしますが、それが気にならないひとがいるのです。


2020年6月28日日曜日

20200628 あと二日

あと二日で、noteのサークル終わります。
まったく大げさな話ではないけど、まあ、ちょっと方針の転換があるということです。

で、youtubeではどんなことが展開されているのかを調べたくて、
少しyoutube番組を昨日から見ています。
大食いの人のyoutubeもよく見た。マックス鈴木もなかなか。料理店の人も巻き込んで番組作ってますね。
それで思ったのは、テレビ局の番組というのは、いまはyoutubeの後追いが多く、情報源をyoutubeに依存していることが多く、ならテレビ局を三分の一くらいに縮小してもいいのではないかということですね。大食い番組はテレビでしか見たことなかったけど、これと、本人が作ったyoutubeはかなり印象が違う。

youtubeをあちこち見て、一番驚いたのは、ヒラリー・コールがピアノを弾けるということ。そもそも正規の音楽教育を受けていることは知っていたけど、ここまで音楽強者というのは知らなかった。
https://www.youtube.com/watch?v=c03mJMecjaY
オーバー・ザ・レインボウの向こうには、龍の国があります。
西欧人はそこで逃げ帰ってきます。
でも、この場合も、虹の向こうに行きたかったのでは。
https://www.youtube.com/watch?v=ysh39PG2WmU
虹のずっと向こうに、月のステーションがあります。

またわりにウケたのは、LGBTに属する青木歌音と、青木志貴。
混乱するけど、青木歌音さんはもと男で、青木志貴さんはもと女。
でもふたりの違いがよくわからない。
で、ふたりの会話能力というのがすごくて、やはりyoutubeでは、言葉を大量に発することができないと、うまくいかないのでは。時間があるかぎり、休みなく話せないと、youtubeは無理ですよ。ずっと話す。
このあたりを見ていて、たくさんの番組を作るには、ともかくひとつひとつ、テーマを明確にする必要があるということですかね。
そしていつまでもいつまでも話す。






2020年6月27日土曜日

20200627 後、三日くらいでサークル終了

六月でnoteのサークルは終了するので、あと三日くらいです。
その後、どうするのかということですが、
ひとつの案としては、大腿骨の手術をする。手術そのものは、三十分くらいで終わるらしいのですが、リハビリが一週間とか二週間で、結局、このくらい間が空きますから、
サークルとかを運営できないのです。
でも、いま比較的痛みを感じている右を手術しても、それからしばらくして、左を手術するほうがいいかもしれない。
そもそもその前に、病院に言っても、いま予約なら、手術は数か月後になりますと言われる可能性が高い。
実際には、二本の杖を使っても、不自由は感じない。
歩くことはほとんどなくて、ずっと事務所の椅子に、12時間くらい座っています。

で、今日の動画では、わたしの講座は基本は、エーテル界で、中二階で、という方針があるということを説明しています。
すると、夢の中でしか参加できないのですが、
それは理想的ではないですか?
現世世界では、何もしてない人というふうになってもいいけど、実際には動画も作るし、何か書くし、という感じです。




2020年6月20日土曜日

20200620 7月以後の予定はよくわからない

昨日、マレーシアからyoutubeの住所確認のpinコードが送られてきたので、今日入力し、なので、今日からわたしはyoutuberなんですかね。今月初めあたりに申し込んで、18日後の今日で推定収益が141ドルと書いてあったので、多くの人が言っているように話にならない低額というわけでもないらしい。そもそもこれで生活できるほどの収入を得ようという発想は無謀です。

昨日と今日、youtube動画で、ノストラダムスに会いに行くという話題を話していましたが、かなり前からわたしのことは知っているらしく、わたしの希望を忘れずにちゃんと果たしてくれたというので、かなり親切な人だとわかりました。
QHHTで、水晶球を見るノストラダムスの背後の暗闇にいて、ノストラダムスには見つかりたくないと思っていたけど、しっかりわかっていたらしく、今回は、そのシーンを借りて反対に演出していた。つまりわたしが銀の小箱をじっと見ている時に、背後でだんまりで立っていた。
で、隣の地球というか、この地球とは違う地球についての、身近さが強く出てきた。

六月終わりでnoteのサークルは終わりますが、その後の予定は特に考えていないです。わたしはクンダリニは外に抜けないことにはまったく意味がないと説明していますが、外に抜けると、体内には滞留物が蓄積されにくくなります。滞留物とは、宇宙のエネルギィの流れに反して、自分の中に思い、考えなどをため込むことです。この世界は、この宇宙のエネルギィの流れを無視して、(インドラネットを無視して)備蓄したもので計画を考えます。健康に良くないし、光のボディを持つことができなくなります。七月以後の予定を立てても、わたしの気分が変わるかもしれないではないですか。
イギリスの書店経営者が、スーフィのお師匠さんに弟子入りして、だれだれさんに会えと言われた時、イギリス人は、いつどこで?アポは?と聞いて、お前は馬鹿かと言われたのを思い出します。予定を決めていくのは不純ということなんですね。
それにしても、ノストラダムスの誠実さに、とても感謝している。








2020年6月15日月曜日

20200615 天王星以遠

ノストラダムスは、天王星以遠の惑星は、天王星も含めて、他の太陽系に属していると言ってるそうです。
科学的にはまったくありえない話ですが、
しかし、惑星の作用的に考えてみると、ノストラダムス説のほうが納得しやすいです。
この太陽系は一番外枠は土星です。
で、木星と土星の間にある、ケプラー/プラトン立体は正六面体なので、
土星は箱とみなすといいです。
土星は外宇宙とこの太陽系を切り離し、この太陽系を孤立した世界にします。
天王星まで行ってしまえば、あとは宇宙と自由に行き来できる。
時間/空間の因果は、この太陽系の内側の秩序であり、外ではそれはまったく通用しないのですが、その意味では、内側の秩序から、強引にトランスサタニアンの定義を決めてしまったのかもしれないですね。内側からすると、そうとしか見えない、と。

youtube動画は毎日作っていますが、
有料化申請しました。はがきでpinコード入れてくれと書いてあり、まだそのはがきが来ないので、そのあたりの事情が不明です。
有料化申請してから、二週間くらいなのかな、youtubeスタジオ見ると、いまのところ、91ドルたまってるようで、はがきがきてpinコード入れると、これが振り込まれるのでしょうか。とすると、すでに目標の5000円は達成しているではないか。

衆生済度は間違った概念であることは、今日のyoutube動画で説明しました。
https://youtu.be/CBmtkZuriI8


2020年6月12日金曜日

20200612 youtube毎日作ったら雑記いらない

ここで時々雑記書いていますが、
毎日youtube動画を作っているなら、雑記いらない。
つまりyoutubeを雑記にするといいわけだから。

最近キーボード入力が重たいので、話すだけとペン書きのyoutubeのほうが楽かも。
このためだけに、ワコムの液晶タブレット買いましたが、
これは毎日使い込んでおり、なかなか良いです。
で、surfaceはメモ用です。これも毎日、ペンでメモに使っています。onenoteに、毎日書いています。なので、万年筆は使うことがなくなり、セブンイレブンのノートも不要。

ベテルギウスの押しで、情報発信に関しては限られた箱ではなく、全方位的発信になると思うのですが、その結果としては、たぶん金銭収入はなくなる、というのがあるのでは。
お金を取る講座というのをしなくなり、同じ内容をyoutubeで発信するのですから。
家賃とか税金の支払いに関しては、今後どうするかまだ考えていない。そもそも食費はかかってないので食費についてはあまり考える必要はない。





2020年6月8日月曜日

20200608 事物から象徴を切り離す

昨日、事物から象徴を切り離すというyoutube動画作ったけど、
個人名が入っていたので、それは公開動画にしないで、
今日、作り直しました。take2。
で、同じ内容を話そうとすると、微妙にテンションが落ちることを確認。
やはり、すべて一発撮りが一番自分には合っているのかもしれない。
これからも毎日動画作ると、朝の講話を続けているお坊さんみたいでないか?
エーテル体の体験を、物質世界に落とさないというのは、
カバラでずっと口伝が正統だったことも関係ある。
紙に書くと死ぬ。あるいは嘘になる。

2020年6月4日木曜日

20200604 月に関して

はやくもyoutubeには広告がついているようです。
わたしはyoutubeスタジオから見ているので、この広告がどんなものかは見えません。

ここ、最近のわたしのyoutubeは、月の振動を示すH96の話題が増えています。
だんだんと低次元の話題が増加しています。
これ以下のところは無理なのか?と思いますが、可能かもしれない。無理かもしれない。
トランプ大統領は兵を派遣したりして、攻撃的ですが、これもまた恐怖と不安に支配された感情から出てきたものです。
まったくのところ、全惑星意識から程遠い。アメリカ人がこの大統領を選んだということ自体が、やはりアメリカ、あるいは地球的な意味で、人間の幼児化を示しています。
日本の政治家も、幼児化しています。それは誰が見てもあきらかですね。

月に関してのyoutubeはこれ。

https://youtu.be/jE8xM_qYDdI

わたしは、ずっと昔インターネットが始まる前のパソコン通信ネットで、シスオペなどもしていましたから、この通信ネットでの活動は、もっとも長い人々の一人ですね。
まだパソコンで、絵が描けないどころか、漢字も表示できない時代からやってました。
なので、ネットの危うさは、かなりわかっていますよ。昔から危ない出来事は、たくさん起きていました。いまさらではないんです。





2020年6月3日水曜日

20200603 youtubeその後

youtubeに、収益化申請をしたら、あっさりと通ったので、今日から、わたしは小学生憧れのユーチューバーです。
これから数か月の目標として、一か月収入5000円を目指します。

1.顔なんか出さないよ。いつもホワイトボードしか出ません。
2.最初にノイズが入るのは、おそらくwindows10が、マイク音量を調整しているのです。
3.このワコムの液タブに書いてキャプチャーするというスタイルが、かなり気に入っているので、とうぶんはこれでいきます。およそ理想に近いです。昔から授業は、ボードに書く。というのがもう40年くらいは続いているので、これは変えません。

思えば、ワコムのタブレット、とことん使いこんでいますね。小林ビルでは、液タブで書いて、大型のテレビで表示して授業していました。大型テレビと、液タブのテレビの解像度が違うので、画面クローンがしにくかった記憶があります。(画面端が切れてた?)

youtubeは、だれでも見れます。
そこにわたしの動画を掲載するというのが、いまのところの気分としては一番いいです。
これはもう書いたけど、こないだベテルギウスに接触してから、何か爆発してしまい、どこかのリミッターが壊れた気がします。
その後、わたしの発信する情報は、どこの箱にも入れないのがいいのではないかと思うようになったのです。全方向に。
とはいえ、リアクションは受け付けません。リアクションを受け付けるのは、恒星が下に向いて太陽になり、太陽が惑星を作った段階で、暗い暗い情報とかリアクションが戻ってきます。惑星は半分が光を受け、半分が暗闇だからです。
しかし太陽としてのヘリオスは惑星からの返しを受けますが、恒星はそもそも受け付けないです。惑星???そんなもの、あったっけ?という姿勢が恒星ですよ。
わたしのサークルに参加している人は、みなそうしてください。
自分でサークル作り、そこで言いたい放題してください。



2020年6月2日火曜日

20200602 七月以後は?

noteのサークルは、六月末でクローズする予定です。
で、参加している人が、その後わたしの作ったyoutubeは見れないのかということを質問されましたので、youtubeの動画は、かなりの部分を、公開設定にすることにします。

ついでに、youtubeは1000人のフォロワー、4000時間の再生時間があると、収益化の設定ができるようなので、それを申し込んでみることにしました。
ただ申し込みフォーマットがいまいちわからない。(細かい文面があると、目がちらちらする。)
今年の三月あたりまでは、そんなに興味がなかったので、フォロワーもいませんでしたが、それ以後から急速にフォロワーが増えて、やっと意味がわかった感じがします。まあ、それまではyoutubeはおまけみたいな印象があり、重視してなかった。が、いまは一人前のメディアであると思った。テレビが消えて、これが生き残ってもいいのかも。

で、問題は、noteのサークルを閉じたあと、どうするか。
ひとつのアイデアは、noteのサークルの名前を変えて、リニューアルして、一か月に二回程度、ズーム講座をする。ズームのアドレスをそこに乗せておくわけです。
このためにはズームの練習しないといけない。有料ズーム会員もいまいち使いかたわからないけど。

会費は、今の金額のまま。二回のズーム講座のためのサポートシステムです。つまり少し質問とか、回答するとか。
いま作っているyoutubeはだいたい限定公開ですが、どうも、こないだベテルギウスに接触してから、何か爆発したような感じで、限定的なところで公開するのが不自然に見えてきました。
ベテルギウスの影響はおもいのほか大きい。
しかも今日は夢で、かめ座というのを見ていて、こんな星座あるのか?と夢で思っていたけど、朝起きてネットで調べたら、かめ座は日本の古い名前で、オリオン座のことでした。
浦島太郎の話の原型で、亀姫というのがいるらしい。たぶん、これ富士古代王朝のサナキ姫のことでしょう。ついでに銅鐸も同類。
youtubeは公開にして、それに関しての質疑応答をどこかでする。
youtubeの画面の下では、だれにも答えないというのがいいのではないか、と。




2020年5月22日金曜日

20200522 インドラネット

インドラネットのことを説明した動画をyoutubeで、作りました。
これはnoteのサークルの今日のお題です。
インドラネットは普遍的で、この鏡に映すと、多くの人の人生は歪んだものに映ります。
しかし歪み成分が、人生いろいろという模様を作り出しています。月の模様みたいに。
この歪みこそが、アカシックレコードなのでは。
つまりインドラネットが浸透すると、アカシックレコードは失われていくのでは。
アカシックレコードのもとをただすと、それは歳差が作り出したものではないの?
歳差活動とは、太陽に対する地球の反抗心です。

https://youtu.be/DZ7S1YtuA4g

松戸市に転落。
https://www.youtube.com/watch?v=8IontdyNw7I

2020年5月21日木曜日

20200521 ファクト

数日前に、アフリカ方面からわたしのほうに走ってくる黒人女性、セリーナ・ウィリアムズをベトナム人にしたようなファクトの夢を見てから、ずっとファクト漬けになっている気がする。だんだんとファクトが危険な雰囲気になっていて、これはアルファードと結託したファクトですが、(わたしの木星にパランしているのが、アルファードとファクト)、数日前に、昼に、MindSpaを使ってみたヴィジョン、岩窟教会の謎が、今日わかったのです。
これは、たぶん、岩と岩がぶつかるシュムプレーガデスで、アルゴーがうまくすり抜けられるように導いたのが、はと座のファクトです。この隙間が、いまでは岩窟教会になっている。で、そこから、わたしのほうにファクトが歩いてきて、わたしにファクト力を充填しようとしています。
道がないように見えるところで、道を発見し、導く。
で、これは無尽蔵の開発力を意味します。
その場その場で通路を見つけ出すというのが、最近のわたしの趣味です。どうして、どすこいの黒人女性のイメージになったのか、それはファクトは驚くことに南57度くらいにあって、そもそも北ばかりなじんでいたわたしからすると、なかなかインパクトあり。

ずっと休みなくしゃべったり書いたりするのは、ムルジムです。
頭はシリウス、口がムルジムなので、シリウスが考えたことをムルジムが口にします。
しかし、シリウスが考えることも、限界が出ることもある。
つまりネタがつきる。しばらくすると、またネタはできますが、これにはじっくり取り組まないといけないんです。
緊急時、新しい場を発見し、発掘するのが、アルゴー船が放った鳩、ファクトです。
まったく知らなかったこと、未知のもの、折りたたまれた次元から情報を引き出すのがファクトで、これにスイッチを入れるのは、危険な旅、その緊急性です。
緊急性があると、ファクトは楽しくなるらしい。

最近、わたしの箱に入ってきたフェクダは、北斗七星の手下ですが、薔薇の絨毯の上で、しーんとしている。これもMindSpaでみたヴィジョンで、薔薇の畑の中を、右から左にすーっと歩いていたけど、このすーっと歩くところに、貞子を連想しました。
青白い顔をして、やせ細ったフェクダに比較して、ファクトはヘルシーだ。白い鳩のくせに、どうしてブラック?
左から入ってきたこの2パターンは、北の47度、南の57度と、コントラストがあります。

わたしの箱に入ってきたフェクダと言ったけど、数か月前に、北斗七星の箱に入っていたのはわたしで、卵焼きの卵をフライパンの端に押し付けるように、わたしを座布団ごと、フェクダに寄せたグループは、何をもくろんでいたのか。床が、段ボールしか敷いてなくて、スカスカだから?いつか危ないことになるから?









2020年5月17日日曜日

20200517 型の世界

noteのサークルで、毎日作っている動画の、今日のぶんです。これは公開設定にしました。
ここでの趣旨とは、物質界は限られた時間、限られた空間にあるもので、この知覚の限定が極端なので、普遍的なエーテル界以上のものを記憶喪失します。
つまり天国への糸が切られた。
普遍的とは、どこにでもある、いつでもある、というものです。
物質界の限定とは、結局自分の身体がここにあります、ということを軸にして考えることで、ここで主観的な世界に閉じ込められていくのです。

予言とか未来予知というのは、限定された時期、限定された空間に、型を落とし込まないといけない。でないと、いつ、どこ?ということがわからない。そのために、型の部分に微妙な変形が生じる。この微妙な変形が、時代性、場所性を指定することになります。
なぜなら、物質界とは、高次な世界の限定であるということだから。
原理は理解する必要があります。しかし予言とか未来予知をすることは、スタピからすると、まったく無益な作業です。

https://youtu.be/yybKfpP8VAE




2020年5月14日木曜日

20200514 フォーカス27?

最近久しぶりにヘミシンク聞いていますが、フォーカス25あたりは、信念体系の中に住む人々、個人的であれ、集団的であれ、それにつかまっている人々が集合している領域で、フォーカス27は、そこから外に接する境界領域だという話です。

で、地球に住んでいる人というのは、限られた時代、限られた地域に住んでいるので、この狭さからする偏りは避けられず、「主観的信念体系」の中に住む人々です。
地球に住んで、自分がいる世界を現実だと思っている人々は、すべて特定の偏った信念体系に閉じこもっていると考えていいでしょう。
この「主観的な世界観」から、脱出する際(キワ)がフォーカス27ということで、それよりも外は、真の意味で「客観的領域」です。

で、ヘミシンクで、リトリーバルをしよう、という項目になって、聞きながらリトリーバルしましたが、このリトリーバルすなわち「救済」というのは、これまで地上に住んでいたことで染みついた「主観的信念体系」から解放していくということにほかなりません。
この信念体系から解放されないのならば、地球に閉じこめられ、それ以外のどこにも行くことができないのです。
つまり、このフォーカス27あたりは、信念体系の浄化行為をしているわけで、瀬織津姫が、川のそばで、脱衣婆となり、死者の衣類を木にひっかけて乾かすというのも、信念体系の浄化です。人間は個体になり、自分は個人として生きているというのも、妄想であり、これもまた信念体系の一つです。

わたしが思うに、それ以上のフォーカスの世界に行こうとしても、この信念体系の浄化ができないのならば、異常なひずみを残したまま旅をするので、あらゆる情報は間違ったものとなります。
フォーカス25で、透明なガラスコップを見ていましたが、コップがあるということが信念体系というか、歪みでしょう。これもなくなったほうがいいです。

ここの関門機能は、もっと厳しくしたほうがいい。
浄化は、もっと進んで浄化したほうがいい。錬金術のように千回の蒸留ですね。
ごくわずかでも、色かぶりがあれば、ずっとここにいて、いつまでも洗濯するのがいいのではないかと思います。宇宙に行ってる場合じゃないよ。






2020年5月11日月曜日

20200511 ベテルギウス、艮の金神か

昨日、noteのサークルにupした動画を、また公開設定に変更しました。
ベテルギウスがあまりにも強烈だったので、サークルに参加していない人も、ちょっと探査してもらうのがいいのでは、ということで。

https://youtu.be/w_7bVxMpm0I

ワーグナーの子孫は、家族内で争っている。
これは出口家の子孫と似ているのでは。
結局受け取ることしかできない人間は、数少ない資産を確保しようとして、醜い争いをする。
恒星とリンクした人は、普通の「市井の人」を生きることができなくなり、
生存するために、集団的な広がりの活動をすることになる。
これは死活問題だ。
そのことをわかっていない人は、まだ恒星とうまくつながっていない。


2020年5月8日金曜日

20200508 Hemisynk

昨日ヘミシンクが届きました 
今日ゲートウェイの第7巻の最初の項目を聞いてみました
これはヘルパーを呼び出して質問をしてみるというものです
そもそもヘルパーは最初から分かっているのでそれに質問してみましたが
ヘミシンクを聴いている間は言葉が聞き取れます
しかし後でヘミシンクが終わってから何を言っていたのか記憶が失われています
気にすることではありませんがこの辺りのメソッドとしてはヘミシンクは使いやすいのではないでしょうか
モンロー研究所の信念体系はありますがそのことがはっきり特徴が分かっていれば問題はありません
ゲートウェイの最初のものはおそらく10年前ぐらいに手に入れて使っていました
その後ゲートウェイは買ったことがないのでこの第7巻ではナレーションの男性の声が違っていて
しかも信号のトーンも変わっているので何かと新鮮です
新コロナウイルスで外出自粛の時にはお家でヘミシンクを聞こう
思いついたこととしては
ヘルパーを一人同じ人を決めておく
複数の人が同じ CD を聞いて
それぞれがヘルパーから聞いた内容を後でまとめてみる
ヘルパーに関してはある星の名前をキーワードにしておくと良いのではあるまいか

ヘルパーにはマスクをしてきてもらう

2020年5月6日水曜日

20200506 三角形移動

時々、NOTEのサークルで作っている限定公開youtube動画を、公開にしていますが、ちょっと迷ったのち、今日のものは公開にします。

https://youtu.be/Smu1ObZYb80

サークルで、サビアンの反対文、エンダークメント呪文に興味を持った人が複数いて、これは一つの世界から出ていくのに、まずは「テントを畳む」という必要があるので、そのために練習としてはなかなか有効です。しかし、その後どこにいくのか、という意図は打ち出す必要があります。でないと、宇宙の迷子になります。
文章を作るのは楽しいですね。
エンダークメントのサビアン、これつないで、歌にすると、どろどろ演歌になると思うので、曲もつけるといいかな。

2020年5月4日月曜日

20200504 ヘミシンク

昨日と今日あたり久しぶりにヘミシンクを使ってみました
フォーカスの番号には関係なく
効果的な体験をすることができる
わりにこれは目覚めた直後の時間に体験することと似ているかもしれない
私が使っているヘッドホンはゼンハイザーのワイヤレスタイプです
耳をすっぽり包み込むぐらいの大きなものなので音声はさほど緊張しておらずゆるい感じです
以前事務所でヘミシンクを使うような講座などを繰り返していましたが
その時にはヘッドホンの大きさとかも何らかの影響があるような状態でした
インナーイヤー型よりもゆったり大きい方が深く入れるような感じもありました
これから数日ぐらいは改めてヘミシンクを使ってみようと思ったので
今まで聞いたことのないヘミシンクの CD を Amazon で購入してみました
ヘミシンクはあってもなくてもどちらでもいいのですが
昼の時間にも変性意識に入ってみようと思ってそのきっかけ作りに購入しようとしたわけです
この入力も Google 音声入力で Google ドキュメントに書いています

しばらくは慣れるためにこうやって試すことにします

20200504 グーグル音声入力

昨日のズームの講座で参加者に確認してみたのですが
音声認識という点では今のところ Google 音声入力が一番優れているらしいです
パソコンの場合にはこの Google 音声入力は Google ドキュメント上でしか使えませんが
 Google ドキュメントで入力した後にコントロール X などを使って取り込みインラインの場所に貼り付ければいいだけなのでそんなに不便というわけではありません

 iPhone と同レベルの MacBook Pro で入力するのかそれとも Google 音声入力で試してみるのか
どちらにしろ両方をいろいろ比較しながら利用すれば良いのではないかと思います
数年前までは amivoice とドラゴンスピーチを使っていましたが
このどちらよりも MacBook Pro と Google 音声入力は優れているように思います
以前は雑誌の原稿書くときには音声入力しか使っていませんでした
書籍を書くときにはさすがに音声入力は使わずにキーボードでじっくりと書いていました
そもそもカフェとかでは音声入力はできません
ここまで精度が高いのであれば下書きなどはこれで書いてもいいと考えるし
ほとんどすべてをこの音声入力で実行するというのも無理な話ではないんじゃないでしょうか
今日はヘッドセットを使わずに机の上に置いたいつもの USB のマイクロフォンで音声入力しています
これは Google 音声入力で入れたものです

2020年5月2日土曜日

20200502 音声入力はどれがいいのか

現在では、音声入力のアプリケーションソフトを買うよりも、それぞれのOSについた音声入力の方が性能が良いのではないかと考えます。ウィンドウズ10の音声入力を試してみたが、ヘッドセットでないと使えないのと、あまり精度が高いようには見えなかった。ところがMacBook Proについている音声認識はかなり精度が良いようで、以前ついていた拡張設定と言うものが今では廃止されたようで、この拡張設定をするとネットワークを繋がないスタンドアロンの状態で音声認識ができるようですが、アップルのサーバーにつながらないので、精度を上げることができなかったらしい。今はこの拡張設定が廃止されて、常にサーバーとつながりながら音声入力をするようになっているので、精度に関してはiPhoneと同じようです。この辺になると十分に実用になるのではあるまいか。ヘッドセットを使う事はなく、MacBook Proについているマイクロフォンにそのまま話しかけています。間違い変換はごくたまに起きます。しかしながら間違いの頻度がとても少ないです。今この文章は、MacBook Proの音声認識で入力しています。全然改行されませんね。

ノートのサークルでは、地球を取り巻く三角形にだんだんとはまっています。もっとこれを細かく展開したほうが面白いかもしれない。

2020年4月29日水曜日

20200429 三角形練習

またnoteのサークルで毎日作っているyoutube動画の、今日の分を公開します。
時々公開します。よその世界にいくためのトレーニングとして、これは重要です。

https://youtu.be/8RKglaqskes

左足を浮かせてからは、こういう土地、具体的な場所、などに関してはまったくのところ関心が失せてしまいました。実際、地球移動する人は、この場所のどこにもこだわる必要もないですね。歴史も伝統もそんなに考える必要はないです。
なので、土地を利用するとは、この場合には、訓練のために仮に活用するということになります。


2020年4月28日火曜日

20200428 スタピwebのコラム

スタピのwebのコラムは、昨日月曜日の夜にアップロードされたようです。


ここでの新しい内容とはなにがあるかな。
たぶん、よその地球には、この地球とは異なる宇宙人グループが関与しているというあたりですかね。


2020年4月26日日曜日

20200426 日本を滅ぼす計画の夢

今日の夢は、日本を滅ぼす、あるいは日本が滅びることに関係した内容。
あるチームは、日本を滅ぼそうとしている。で、このチームは、なぜかわたしを仲間と思っているが、わたしはそのつもりはない。しかしわたしもなぜか、どうやったら滅びるかについては説明している。冥王星の使い方について詳しく説明していました。

どうしてこんな夢を見たのか、きっかけはわかる。
昨日に、ネットあたりで、安倍総理は日本を滅ぼしたい。そのために、新コロナウィルス対策をしているようにみせて、実際にはあまり乗り気でない。だらだらと対応を引き延ばす。というようなことをしているのだという意見をどこかで読んだかな。経済を崩壊させるために、小出し小出し対策をしているうちに、どんどん取り返しがつかなくなる。
アベノマスクにしても、冗談みたいなことをして、ほとんど遊んでいるだけで、ただのお金の無駄遣い。PCR検査とかもできるかぎりしないようにして、知らないうちにたくさん死んでいく方向に向けたい、というふうに言われると、そうかもと思ったりする人もいるかもしれないです。

で、これはわたしがサークル向けにつくった動画で、偏った月でなく、普遍的な月のステーションを使おうと言ったことに関係している。ひとつの月は、物質世界、特定の地域に対する強い執着心を持つ。しかし普遍的な月はこの偏りを中和する。なので、日本とかローカルな地域に関心を持つことはやめようというようなことと関連するのでは。
別に日本を滅ぼすといっても、日本人が死ぬのでなく、日本というアイデンティティが薄くなるだけの話です。濃すぎるエーテル体を、もっと広がる薄いエーテル体にシフトするためには、身近なところから離れる。それはAOL(Analytic overlay)を減少させる。




2020年4月24日金曜日

20200424 いま流行の

パルスオキシメーターで、毎日血中酸素飽和度を調べています。
いまのところ、98くらいか。

毎日、朝サークルのyoutube動画を作るのが習慣になってしまい、そういえば、以前DMMオンラインラウンジをしていた時も、毎日、どこかに出張している時でさえ、ホテルで、動画を作っていましたね。
で、DMMの場合には、サビアンを説明していたので、一年間。
あと、もう記憶が定かでないが、毎日、誰かの個人チャートを読んでいたかな、これも動画記録。
FACEBOOKベースなので、ページが新しいものが上に上がってきて、だんだん混乱していく状態で、コメントを検索できないことが多かった。ような(記憶がはっきりしない。)

サークルの構造はできたばかりなので、原始的な仕組みで、繰り上がってこないので、整理しやすいけど、やはり埋もれるコメントは埋もれる。
わたしのほうには、誰かがコメント書いたら、メールで内容が届き、そこからNOTEに飛べるようになっているけど、時々当のコメントがnote内で見つからないことも。

ホロスコープ読みなどで、わたしの講座に参加してから、もう30年弱、続いているような人もいる。で、占星術は、具体的な事情について当てはめることのできるような体系で、それはつまり、占星術は具体的な地上生活に埋もれている人が、逆に星に吸収される梯子にもなっているということで、星に吸収されることを成仏と言いますが、
占星術を長く取り組むと、成仏します。理屈的には。
でも、ずっと30年近く来ている人は、まだ成仏しきれていないわけですね。
その理由はどこにあるのか、考えてみるために、占星術講座を短期間してもいいかなとは思っています。これは最近の話だ。具体的な事物に結び付ける占星術については、したくないと思っていたのだから。

わたしがろくぶんぎ座アルファ星に戻ってから、昔から、山の上にいて、人がふもとから上がってくるとか、ビルの上にいるとか、QHHTで、ビルの最上階にいて、そこに人がスティックの食物(後でわかったけど、お線香)を数本持ってくるというイメージを見ていたのは、みな、これがヘリコン山のてっぺんにわたしがいたことの記憶であると思い出しましたが、ここに至ると、占星術の根底にある法則などは扱うが、具体的な事象(山のふもと)にはあまりタッチしないというのが正しい姿勢であると確認しました。

実は30年近く参加している人は、成仏していないのでなく、雲の絨毯に乗っていて、時々雲の絨毯から落ちそうになった時、占星術を確認して補強しています。占星術で、何かの事象、体験などを説明できれば、逆に、その事象、体験は無化されるというわけです。食べてお腹の中でかたまりになっていたものが、すっきり消化されるという。

たとえば占星術の惑星、サイン、ハウスなどを、地上の具体的な事象に結び付けるというのは難しく、タロットカードでさえ、何かの具体的な事例にカードを落とすというのが困難で、ひとつの惑星にしても、ひとつの象徴であり、具体的な事象にあてはめると、それは1000も対応物を持つかもしれません。地上の人間は、この1000のうちのひとつをつかみ、これこそがその惑星の意味なのだと考えます。
なぜなら、地上の人間は限られた時間、限られた空間にいる存在なので、情報処理能力に限界があり、象徴を丸ごと理解することは不可能になっているからです。そして、この1000のうちひとつから、もとの象意に上がろうとしても、途中でつっかえて身動きとれなくなります。ひとつの枝が幹になろうとしても、すんなりといきません。

占星術を長く学ぶと、この1000分の一の存在から、もとのひとつの象意に、心身を吸収させ、それを食べ、新陳代謝して生きることができるのです。反対に、このひとつの象意は、ひとつしかないのに、地上から見ると、1000種類のバラエティがあると受け取られます。一筋縄ではいかない。キャラクタにつかみどころがない。
動物系知覚の存在は、ここからあそこに、あるいは過去から未来へ動く存在なので、ひとつをつかむとひとつを忘れる。常に断片しかつかまないという性質を与えられていますが、これが寿命が短くなる原因です。でも、もとの自分を思い出すならば、そもそも寿命などなかったということに気がつきます。







2020年4月18日土曜日

20200418(2) クオモ

新コロナウィルスに対する政策に対して、トランプ大統領に、けんか腰で立ち向かうニューヨーク知事のクオモ氏が面白くて、ちょっとチャートみたら、やはり太陽と土星がいて座で合で、しかも天王星が120度でトラインでした。
トランプのいて座魂がやたらに強いのですが、クオモ氏も十分パワフル。
これ、プロレス対戦見ているみたいです。
いて座は運動感覚と、今日noteのサークルで動画作ったばかりです。
しし座は熱感覚で、固定サインですから、変わらず熱い。
クオモ氏は土星と合ですから、爺ちゃんの魂受け継いでいるんだよ。

質問メール来た。
------------------------------
松村先生 こんにちは。
コロナで家に居る時間が多いのでいろいろやっております。

昨日は暗闇メソッドをやりました。座っていたのですが、視覚を遮って真っ暗だったので眠ってしまったような感覚で夢のようなものを見ました。触覚は感じることが出来なかったのですが良いのでしょうか?
そのあと水晶球を見て眠りにつきました。私はお金がないので曇り気味の安い水晶球でらやっています。やはり高くて大きくて透明なものの方が良いのでしょうか?

いろんな事をやって寝たからかいろんな夢も見ました。

トイレとエレベーターが出てきました。そして足の骨が折れた犬と猫。
しまいにはロード型の3個の物質を手を使わずに移動させるという練習をしていました。

どのように解釈したら良いのでしょうか?
---------------------------------------------

自分で解釈する気はないわけか?
トイレは外宇宙との扉。冥王星。
エレベーターはヤコブの梯子。


20200418 北斗七星にまつわる

今日の夜とか、急に何か違うものが押し寄せてきて、わたしを包もうとしました。
これ、なにかなと思っていたら、夢の中で、北斗七星のある場所に、わたしを寄せようとしている内容がありました。北斗七星に関しては、わたしはドゥーベと、メグレズにはなじんでいます。
でも、今日の場合、それとは違う場所に、わたしを押し込もうとしています。
左の下あたりの白いところに、かき集めよう、と。
なんとなくそこは安心の場所みたいな気配もありました。ふわわせ、かも。
で、朝起きて、その恒星の名前を確認しましたが、あきらかにこれはフェクダです。

以前、数か月前に、勝手に熊の洞窟みたいなところに閉じ込められたことがあるのですが、これは北斗七星の箱だと思います。外は黒く、中は赤い箱。
ただ、わたしはこの箱の上のほう、ドゥーベとメグレズには通じていても、箱の下のほうが手薄なようです。だから、今日はフェクダに押し込まれた。
で、最近わたしの親族が死んだのですが、この人が死後、徐々に北斗七星に回帰するのを見ていました。
シュタイナーは人は死んだ後、肉体を脱ぎ捨て、エーテル体を脱ぎ捨て、アストラル体を脱ぎ捨て、メンタル体になり、また次の輪廻に向かうときには、この反対に、次々と下の衣を着るということを言ってますが、わたしの親族は、北斗七星、すなわち恒星(メンタル体、高次思考センター)に接続していたのです。
なので、親族の死後、ずいぶんと北斗七星にわたしも引き寄せられていました。

死後、家の整理をした時に、(わたしは腰を壊しているので、行っていない)高価な美術品などもあったらしい。わたしが能力を発揮するときに、メグレズ的になるけど、わたしはモノ離れが激しすぎて、自分のところに美術品集めたりはしないのです。
その点で、フェクダに寄せるというのは、この下の床がすかすかなのを補強してくれ、つまりは四角の箱をもっと強化してほしいという話なのかもしれません。
ただ、今日わたしに押し寄せてきたものは、ちょっと異質なので、わたしからすると新鮮です。それと四角と言っても、天の四角であり、地の四角ではありません。だから、それほど警戒心は持ちません。

おそらく、わたしの腰から出た三匹の蛇が元気すぎて、土の元素を壊そうとするので、天の四角から考えた下の点のひとつ、土の元素を作るといいのでは、という提案だと思います。でないと、蛇は回転がますます加速して、器と言えるものを全部壊してしまいそうな感じでした。夜中に、これ爆発するなー、どうしようかなと思っている最中でした。








2020年4月17日金曜日

20200417 水の元素

この地球では、水の元素は、土の器の中に入っていなくてはならない、つまり土の範囲から外に出てはならないと考えられている。
すると14節制のカードでも、器が中心であり、この中を移動する液体は、少しでも外に出ると、すぐさま早く次の器に入らなくてはならないと考える。(器とは肉体。土の元素。)

でも恒星から降りてきた存在は、七つの層を完結させると、下は土に接触できなくなるし、水にも及ばないケースもある。なので、水の元素のレベルで結晶化しなくてはならない。あるいは空気のレベルで。その下はテスターの棒のような二極化の電極を畳んで、無にしておくのです。

まあ、そういう水の元素は実は独立的に存在できるということを、今日はnoteのサークルで、水の三角形の12感覚、聴覚、生命感覚、味覚の関係で説明動画つくりました。

14節制のカードの天使の足元には、二匹あるいは三匹の蛇がいますが、土の元素は、特定の場所に固まる状態をあらわすので、この蛇が眠っている時にのみ成立する概念かもしれない。蛇が目覚めて回り始めると、もう土の元素は存在しえないのかもしれない。蛇が回ることに疲れて、すこし休憩するとき、仮設の土が作られていくと考えてもいい。宇宙創造のプロセスで考えた時、土の元素は創造行為の終了のターミネーターみたいなものですが、不活性を土とみなすので、元気になってすぐさま流動するのが本来なのでしょう。こういう根性で見ていると、やはり水の元素を土のようなものとみなす姿勢も出てくる。



2020年4月15日水曜日

20200415 12感覚

noteのサークルで、今日から、12感覚テーマについて話します。
なぜといって、マトリクスの絵の分析で、象徴から誰もが同じ意味を引き出すわけではないという理由を説明しなくてはならないからです。
視覚は思考の投影であるということ。
視覚はそんなに明確でゆらぎのないものではない、ということ。

で、今回も、また最初の部分のみ、公開設定のyoutubeにしてみます。
たぶん何十個にひとつくらい、公開設定すると良い。



2020年4月13日月曜日

20200413 しし座、ゾスマ

しし座の恒星探索をしてみましょう。
探索した場合、かならずそこに到着しています。
しかし、二極化された思想では、その影響はたいがい破損して、持ち帰りできません。
以下、youtubeでの動画による説明

https://youtu.be/T3m2Qy_Dbmw


2020年4月11日土曜日

20200411 毎日動画

noteのサークルで、毎日動画を作っていたら、今日で26個目になっていました。
いまは絵画のマトリクスの分析などを説明していますが、今日の作ったものだけ、限定公開でなく、公開にしてみます。

https://youtu.be/CET6NDW4Fz8

これで見る限り、液タブでホワイトボードを書くと、わかりやすいと感じると思います。いまはこの液タブを机のどこに配置するかで試行錯誤中。


2020年4月8日水曜日

20200408 液タブ

ワコムのペンタブレットが気に入っていたのですが、どうみても、手元のペンの動きと、実際のディスプレイのずれが大きく、慣れるのに何か月もかかりそうです。単純な四角もうまく描けない。

ということで、ワコムの液タブ、つまり液晶タブレットを手に入れてみました。これはもともと高額だと思っていたのに、実際に前に使っていた時には高額だったのに、最近はもっと安い製品を作っていて(フルHD)、さらにアウトレットを販売していることをネットで見つけ出したからです。中華液タブがあまりにも安いので、それに対抗したのかな。中華液タブはほとんどペンタブレットと同じくらいの価格です。あるいはもっと安いかもしれない。あきらかに価格破壊です。

でも、絵を描くつもりはない。windows10に、ホワイトボードのアプリ、そして動画キャプチャーがついているので、ホワイトボードに何か書きながら話しているということがyoutubeでできるので、そのためだけに液タブを手に入れたわけです。surfaceでもよかったけど、12インチで小さく、これで続けるのはちょっと苦痛。
リアル講座はしない。youtubeかズームだけ。今の世の中の流れにあってますね。このためにはこの液タブは役立ちます。

いつもの65インチのディスプレイと、マルチディスプレイしてみました。というのも、クローン画面にすると、テレビ(StationTV X)が起動できなくなる。横並びのデュアルディスプレイは使いやすいかもしれません。それで思ったのは、液タブの22インチも、わたしからすると、小さくて、文字を打ち込むなどには不向きで、あくまでホワイトボードとして手書きするだけにとどめるのが良いようです。



2020年4月6日月曜日

20200406 マトリクス

noteのサークルでは、昨日までで、タロットカードの動画を作り終わったので、それを引き継ぐテーマとして、8正義のカードの全惑星意識と、17星のカードの全太陽意識に関連するものとして、昔からずっとやっていた9区画マトリクスを扱うことにしました。
今日はそれに関するyoutube動画を作りました。
昔は、写真撮ったり、絵を書いたりする講座していましたが、このマトリクス図で、惑星とリンクする恒星を考えるということに。

たとえばわたしの場合、水星の位置に恒星がたくさん集まりすぎていて、アルファード、ろくぶんぎ座アルファ星、レグルス、トゥバンなどが連動しています。確かにこれらのブレンドが、水星「活動」の上にのしかかるのです。わたしが宇宙法則とか占星術とかしか書かないのは、ろくぶんぎ座アルファ星(ヘリコン山のムーサ)が水星を乗っ取りしているからです。
ただ水星と金星は合なので、金星のセクトにも振り分けてもいいと思われる。全部の惑星に恒星をリンクすることはかなり難しいかもしれない。それに惑星を主役にしてはいけない。惑星は、一過性の椅子です。恒星は惑星のエッセンスを吸い上げるということをしようとしている。

エドガーケイシーはアトランティス崩壊後のエジプト時代に、犠牲の神殿で、指導員が参加者のライフシールを作って、それを瞑想するというメソッドをしていたという話をしていますが、わたしはこれをライフシンボルというふうに名前を変えて、マトリクスで使っていたわけです。
最初は全惑星意識を整えることが大切です。不均衡は、偏った部位に集中、執着しますから、それが事物世界への転落の原因となります。全惑星意識は、その人を底上げしていくのです。月とか金星ばかり扱うと、このマトリクスの中で、一番下のふたつに集中するので、全体が重く狭くなり、不自由です。何かしら牢獄に入れられた感じです。

ミツウロコは四つの三角形ですが、これを拡張して、テトラクテュスにすると、9つの三角形です。マトリクスは9つの四角形ですが、この9つを三角形にすると、いろんな区画を活発に行き来するようになり、これがアンタレスとアルニラムの連動性と考えることもできます。アンタレスは固定しなくてはならないが、アルニラムは動きつづけないといけないのです。






2020年4月3日金曜日

20200403 占星術の公開カウンセリグ

いままで、毎週末に、午後一時から、三人のホロスコープを読むというズーム講座をしていましたが、これはAさんからすると、勉強になるので、続けてほしいという話です。
わたしのサイトの講座の項目に申し込みフォーマットがリンクしてあります。
ひとり30分くらいで、30分くらいあれば、かなりの読みができます。
このズーム講座をする前は、たとえば渋谷のアルカノンとかで、チャート読みお勉強会で、3時間に12人という、量産型リーディングをしていました。でも、ひとり15分でもかなり読めるんですよ。渋谷に行かなくなったのは、わたしの腰がクラッシュされてしまったことと、リアル講座にまつわる危険性が増加したからです。(新コロナウィルスのことではありません。)
noteのサークルでは、いまのところ、占星術の話題は少ないですね。というのもわたしが毎日タロットの7枚での分類の動画を作っているので、これを追いかけるだけで手いっぱいなのかもしれません。
わたしは四柱推命では、春の草花ですから、いつでも提供過剰になります。本にも、文字がびちびち詰まっているし。編集者のYさんは、一度スカスカ本作りませんか、みたいなことを言っていたけど、それは努力が必要です。努力しないとは言ってません。

昨年、松井さんと対談して、その時、わたしは「自分は書く気がないので、松井さんが全部書いてくれよ、例の一本指打法で」と言ったのですが、その時にリアクション薄かったので、やる気ないのかなと思っていたけど、その後、まじめに書いていたことが判明しました。この文章はもったいないので、活用したいです。
一本指打法に関しては、松井さんから「ちゃうわい」と言われたので、思い出してみると、あれは両手の人差し指でキーボードを打っていたので、二本指打法でした。謹んで訂正いたします。
わたしが書く気がないと言ったのは、すかすか本に警戒しての故です。
でも、行間多めの本のメリットは、おそらく一瞬で書けるということです。
6万字なら、二週間ですかね。
この本については、ちょっとした新アイデアあります。
今後、それも展開してみたい。



2020年4月1日水曜日

20200401 忙しい生活

今日から、昨年書いたタロットの本の校正をはじめます。
一番気がかりなのは、今、noteのサークルで、毎日タロットカードについてのyoutube動画を作っていますが、これが、昨年書いたタロットの本の内容とどのくらい違っているのかということ。だいたい昨年書いたのは忘れています。
でも、たぶん大まかには違いはないと思う。
重大な違いがあるとしたら、それは校正のPDFファイルに書けばいいわけです。
で、朝に短編小説を書いている。いまも書いているんですよ。ただしゆっくり書く。
で、youtube動画を録音する。それから、ちょっとサークルのコメント書く。
で、その後校正ということで、急に一日が忙しくなってきたのではないか。
なんせ進行の月は、6ハウスですから、ただの働き者になってしまっている。

今日のyoutube解説は13死神ですが、本能センターのカルマを浄化することが大きなテーマだと説明しました。でないと、恒星のアーキタイプを、個人に降ろすことができません。多くの人が言う、独自性、個性、自由性、というのは、実際にはただの癖です。真の意味での個性というのは、アーキタイプの至現でなくてはなりませんが、これは10年説明してもわからないかもしれないですね。ユング研究所の所長でさえ、ひどい勘違いをしているくらいですから。


2020年3月31日火曜日

20200331 タロット6番カードについて

今日はnoteのサークルで、タロットカードの6loversについて動画で説明しましたが、ここで、エニアグラムのミ192の場所について絡めた。
地球人は、自力ではこの段階で進化が停止し、先に進めない。
この時に、インターバルショックとしてド192が外から加わることが必要で、これがタロットカードでは上空の天使として描かれている。
しかし、自力で上がることができない人間は、これを呼ぶことができず、天使のほうが一方的に働きかけることができるだけ。
十牛図でいえば、牛が牧童を呼び、牧童が牛を見つけるわけではない。

で、思ったのですが、空気192について、もっと細かく考えてもいいかもしれない。
物質的固形物に縛られた人間は、空気を無色透明なものとみている。
つまりこれが感覚、知覚の限界で、これこそが、ミ192が、もうその先に進めないということを意味している。自分の先はもう無なのだと。
わたしはこれを地球人の異常な事態だと考えています。しかし、ほとんどの人は、この異常性を、いつもの正常さと思っている。

スタピのコラム、更新しました。
https://starpeople.jp/seijingoroku/matsumurakiyoshi/20200330/10433/


2020年3月30日月曜日

20200330 ペンタブは練習している

毎日、noteのサークルで、タロットの説明をしていますが、この時に、ペンタブでホワイトボードに書いています。毎日練習しているということだ。
今日は太陽のカード、トゥルパでした。
で、驚いたのは、ワコムのペンタブのペンの芯が、驚くほど速く摩耗すること。
どうやら鉛筆の感触、紙の感触を作るために、わざと摩耗するように作っているらしい。
まあ、予備がなくなったら、また芯だけ買えばいいので、気にならないけど、確かに最新のワコムのペンタブは、文字を書く時の感触がなかなかいい感じです。

いままで、メモを書く時には、コンビニで買ったノートに、ウォーターマンのルマンで、書いていたのですが、板坂元が、万年筆は三万円以上のものだと、筆圧が軽くなって滑らかに書けると言っていて、このル・マンは、製造終了してから値段が上がって、いまでは15万円くらいするので、やはり筆圧は思い切り低いです。以前持っていたモンブランの149とかは、万年筆の自重だけで書いていました。
で、ペンタブは、この万年筆的に、筆圧が低くても、すらすらっと書けるような作りをしていて、だんだんと良さがわかってきましたよ。
二週間くらいすると、かなり慣れてくるという話なので、これからも毎日書こう。

花鳥風月。
ペンタブで、花鳥風月が書けるようにしたいです。

わたしの母親は、書道で大学の教授をしていたくらいで、文字にこだわりがあった。
最近、どうして自分はペンタブを使っているわけ?と、思ったけど、はたと気が付いたのは、これは母親の洗脳だということです。
ということは、習熟したら、ペンタブで掛け軸を作れということでしょうか。
花鳥風月。
わたしの母親は、カシオペアと北斗七星のハイブリッドだということに、最近、やっと気が付きました。

https://www.youtube.com/watch?v=mvqkqHkLsVY








2020年3月28日土曜日

20200328(2) 分離する時

冥王星、土星、木星、火星がごちゃっと固まっているのが、冥王星・木星という拡大と、土星・火星というしぼりこみに、はっきりと分離するのは、3月31日から、4月1日くらいでしょうか。
山羊座は枠のある場所、たとえば国とか。
みずがめ座は、この枠のある場所を流通させる。
で、枠の中では冥王星・木星が拡大し、その枠をうちやぶって流通させるみずがめ座の入り口の1度あたりで、禁止の火星・土星が働くのならば、国内感染爆発という膨らみすぎたケーキと、それが外に広がる門(空港か橋か、道路か)を閉じるというのが典型的な配置ですね。このようにシャープなアスペクトがあっても、その日時に決定的な作用があるわけではない。やはり前後するわけで、今もそうですね。
この手の占星術の天体とかアスペクトは、もう書いたように特定の事象に縛ってはいけない。縛ると嘘になるので。同時多発的に、異なる事象にも落とし込まれている。



思い出したのは、qhhtで、わたしはさまざまな予言者、水晶透視者、占い師の背後の暗闇の中にいた。で、プラクティショナーが、「どうして暗闇から明るい場所に出てこないのですか」と聞いてきたので、わたしは「出ていくと、型崩れするので」と答えた。
型崩れというのは、型が崩れるわけで、つまり元型(アーキタイプ)が保たれず、具体的な事象に切り刻まれるということです。
たとえば今回のように冥王星・土星を新コロナと定義すると、冥王星・土星の本来の型が崩れる。で、具体的な事象に落とさず、もとの型を残すと、何がメリットかというと、「同じ型が共鳴することで、ある世界から、もうひとつの違う世界にシフトするポータルとして使える」からです。それが具体的な事象に落としすぎると、この行き来する扉は、扉機能を失い、どこにも行けないひとつの世界の中に落ちてしまいます。
大地(土の元素の固形物)から浮かんで、象徴性を保っている時には、それは扉になる。わたしは短編小説で、一度日食で月に浮かして、そして違う世界に移動させると書きましたが、浮かせるというのは、具体的な事象から、象徴性に浮かせるということです。
同じ型は共鳴する。違う世界とも同じ型があると共鳴するので、それを使って行き来できる。




20200328 火星の動き?

占星術で、具体的な事象については読むことはできない、というより読まないほうがいいと言ったのは、具体的な事象というのは視点が限られたところで見えるもので、その事象に目を向けることで、ほかのものを見落とすからですね。自分を矮小化させる。
世界の動きの中で、小さなところだけ覗いて、それを拡大してしまうという歪曲をする行為を占星術で実践するのは、占星術の無駄遣いです。
なんだけど、固形物に生きていて、世界を見る時にも、自分に利害があるところだけを拡大して、それがあたかもすべてを覆っているかのようにみなすのは、固形物から離れるまではやめられないのかもしれません。足に鎖をつけて歩いている状況。

で、冥王星は環境の外から侵入してくるもので、それが土星につきあたることで、土星の壁が破れたり、また壁を補強したりしているうちに、木星が冥王星の影響を広範なところに拡大してゆき、こんどは土星が火星を捕まえて、自粛要請したりと、このあたりのグループの動きは面白いのではないですか。土星は老人という話もあり、老人だけが死にかけたり死んだりする。火星はそもそも冥王星と同じくさそり座の支配星だとすると、冥王星の小型代理人?(わたしは冥王星は春分点の支配星と言ってますが。で、火星は牡羊座の支配星。)
3月23日あたりに、木星・火星・冥王星が合になったので、ここで火星は冥王星にチャージされて、スーパースプレッダーとして野に放たれた場合もありえますね。

質問
--------------------------
私のドラゴンテイルに合ですが、特にイライラするとかはありません。
個人の出生図のヘッドやテイルにトランジット天体が合になっても特に影響は出ないものなのでしょうか。

あと、山羊座後半で木星冥王星の合に牡牛後半の金星が今トラインとなってますが、これは世界中が不況に突入しても、各国の政府がそれなり休業補償することの表れでしょうか?
-------------------------------------
テイルは天体でない。
土星がテイル、ヘッドにかかわると、人脈の縁を制限するという作用はある。
金星は休業補償するかどうかはわからないけど、すくなくとも、この騒ぎからお金、物質的メリットを得るという要素があると言えるのでは。

日本では、これを機会に、社会機構のありかたを反省しよう、改善しようということをいう人がいて、つまりこれをチャンスととらえて、いままでの経済システムなどを考え直すということですが、しかし、たいていの人は、これを乗りこえたら、前のままに落ち着くべし、としか考えていない。つまり教訓は生かさない。決して前進しない。
そもそも冥王星が山羊座に来た時、これは山羊座という社会、国家、組織の状況を改革するというのが本来的な目的。冥王星が持ち込んだ、宇宙的な原理にもう少し合わせろ、ぜい肉を落とせと。なので、冥王星・土星はある意味仕上げ的なものでもあると考え、この視点からすれば、ウィルスも協力していると考えてもいいのですが。まったくウィルスが主役じゃない。ちょっと助っ人。冥王星から見た場合のね。(人から見た視点だと、正反対)
で、老人は多すぎるので、これはまともでない、このさいだから、老人を減らそう、俺たちは死なないので、これは天が与えた采配だ、などという極端なことを主張している人はさすがにいないですね。

ズームは人気すぎて、重くなっているそうです。


2020年3月27日金曜日

20200327(2) ペンタブ

思い出してみると、わたしは講座に、液晶タブレットディスプレイを使い、デュアルディスプレイで、大画面に表示していました。で、その後も、ノートパソコンでも、windows7の時代から、ペンタブレット・パソコンなどを使い絵を描き、確か本の挿絵にそれを使っていた記憶がある。なんだ結局むかしからペンつかいまくりだ。
というわけで、surface pro(第五世代)で、ペン入力がきわめて実用的と判断し、ワコムのペンタブ買いました。これはデスクトップでは65インチのディスプレイ使っていますが、ここでホワイトボード使えると、背中まるめて、小さな画面に書くということをしないで済むからです。ホワイトボードはもともとこのくらい大きいでしょ。

で、今日ペンタブ届いたのですが、一番でかいタイプです。
慣れないと、文字がおかしな形になりますが、おかしな形になっても、読めるならば何の問題もないですね。円を書くのを練習しないといけません。これでイラスト書いている人がいるというのは驚きです。
ほんとは、ワコムのパソコンつきの液晶タブレット買ってみるかとか、
いっそのこと、28インチのsurface studio2ほしいとか思ったりしましたが、
それよりも、このペンタブが一番いいのではないかと思います。というのも、わたしの感覚からすると、28インチは小さいぞ。





20200327 自粛天体は

火星・土星の合は、自粛、停止などをあらわします。
今のトランシットの火星・土星が出生図のどこかの天体を突いていると、
たぶん、今の時期、いらついているでしょう。
中には、この自粛はラッキーと思う人も。


2020年3月25日水曜日

20200325 オリンピック延期

今日のnoteのサークルで、タロットカード17星のカードを説明している時、よけいな話として、オリンピック延期でよかったねと言いましたが、実際には、延期よりも、今後世界中でオリンピックは廃止したほうがいいと考えます。
そのかわりに、健全なスポーツ大会をしよう、と。オリンピックはスポーツ精神の本来性を曲げているのですが、それはよく言う経済との癒着ということを言ってるわけではありません。それに、このために、多くの選手が身体を壊したり、人生を犠牲にしたりしています。(新コロナの話でなく、毎度という意味です。)




2020年3月23日月曜日

20200323 冥王星、土星、木星、火星

質問が来たので、久しぶりに公開youtubeです。
冥王星、土星、木星、火星のセットの効果についての話です。

https://youtu.be/mVIgapMaWdY



2020年3月21日土曜日

20200321 タロットに関する毎日の説明

noteのサークルでは、毎日、タロットカードに関して説明した動画を作っています。
これは比較的楽しい。
surfaceで、ホワイトボードで書きながら話しています。
次の短編を書きたいので、この題材をこうやって模索しているんですよ。

サークルのアドレス
https://note.com/lockwood/circle


2020年3月20日金曜日

20200320 箱?

これは質問じゃない。
-------------------------------------
翌日、車を運転中、ふと、夢の中で、首の後ろの付け根に四角いリモコンの様な箱がくっついたのを思い出し驚きました。
夢の中で、箱にはネジ?レバー?のようなものが付いていて、3本か4本しっかり見ようとしても、3本か4本で定かではなく、また、箱は以前から付いていたのか、今つけられたのか?分からなく??
誰か女性がいじっていた気もして、私はロボットか?!と、思ったりして、笑
その際、肉体の首は付け根のところからぱかっと開いて、首自体は前向きに倒れていました、開いた下側に箱がついていました
これをつけられてどうしたらいいのか?誰が使用するのか?私自身が使うならどうすればいいのか?
そんな事をずーっと考えていたら、
今朝、明け方の夢の中で
「アセンションするまで(この箱で)コントロール(調整)します」と、男性にはっきり言われて驚きました。
-------------------------------------------
地球上では、人間は物質的存在で、
つまりそれは、ロボット以外の生存形態はないと思ってもいいです。
私自身が使うならどうすればいいのか?ということでは
自分が首の上にある存在となればいいわけで、首の下の存在になれば、使用される存在になるということです。

2020年3月19日木曜日

20200319 春分の意味

質問
---------------------------------------
もうすぐ春分点ですね。私はちょうどこの春分点に東京に遊びに行く事になりました。
春分点の力を目一杯感じたいのですが
日の出の時間に富士山に行くのは難しいです。
その日中ならまだパワーを感じる事ができるのでしょうか?
---------------------------------------
パワーを感じるというのは、受容というか受け取ることですね。
しかし春分というのは、太陽がおひつじ座の0度を通過することであり、
これは自我感覚とか、自分を外に押し出す、環境に押し込むというものであり、
受容からはもっとも程遠いものです。
で、春分に日の出に富士山に行ったりするのは、春分の過ごしかたとしてあまり褒められたものではなく、それはこの環境に対して自我感覚が極端に弱まったジジババがすることです。
死にかけているので、もうちょっと生きていくためにこれをしようとしている。
自分の内側から、環境に対して、主張の力が強まって、みなぎって、止めようがない。これが春分の力です。時間がどうとか、それはどうでもいい話。
ちなみに、わたしは四柱推命の象徴として、「春の草花」の生まれなので、大量に書いているんですよ。春分の力があふれている人は、春夏秋冬なんか関係なしに、吐き出し、主張し、押し出します。春分の日というより、その前後は、こういう力を後押しするもので、その力が死にかけている人からすると、少しは助けになります。

ところで、わたしの大腿骨を治療するというか、手術するなら、想像を絶するお金がかかるので、一年くらいかけて、あるいは二年くらいとか、お金を貯めないといけない。
で、いまのところ、二本の杖で短距離歩ける程度だけど、これで不足を感じていない。
だいたい一日15時間くらい、座っています。
しかしながら、突然、歩けなくなる可能性もありますから、いまからお金を貯める必要があるかなとも考えます。

noteのサークルは、楽しいかもしれない。
たいていの場合、自分から発言する人は、日本人の場合、特に少ない。
なので、毎日わたしが何か発信して(書き込みして)それに対して、何かリアクションする人がいれば、コメントする。あくまで基本は、ブルドーザー的に自分がどんどん書けばいい。というスタイルを決めてしまうと、安定する可能性はありますね。
これにエネルギィ吸い取られて、短編書く気分が失せてしまうかもしれないけど、そもそも短編は休みなく書く必要性はないですからね。

高次思考センター(メンタル体)を育成しよう。
他の人の意見を聞いたり、エビデンスを求めたりするのは、地上においての相対的な知性であり、それは永遠に迷い続ける知性です。どこにも行きつかない。
高次思考センターの場合、この二極性はないんです。考えたことは絶対である。この真意について理解できるのは、高次思考センターを持った人だけです。
地上においての客観性は、長期的な時間の中での主観性で、崩されます。
その場かぎりのエビデンスに依存するからです。








2020年3月18日水曜日

20200318 ぼちぼちいろいろ書く

昨日オープンしたサークルですが、未公開を公開にしなくてはならないということがわかるまで数時間かかってしまい、ほかの人からサークルがあることが見えるようになったのが14:17分でした。
この参加費というのをいくらにするのか、というのはいつもなかなか決めにくいものですが、だいたいDMMとかシナプスとかで、一か月3000円から5000円くらいでなかったかという記憶があり、(記憶はわりにはっきりしない。)今回は月会費を4500円にしたのです。
で、有料にしてしまうと、たくさん書いていかなくてはならないという気分になり、これがわりにエンジンがかかる刺激になります。
この雑記とかだと、気が向いたときだけ、というところですが、有料番組となると、毎日何か書きます。勤め人の気分です。
新ウィルスで出かけないようにしましょう、テレワークしましょう、という時期だし、それがなくても歩くのが困難な骨状況なので、書く時間はあるぞ。

サークルのアドレス
https://note.com/lockwood/circle

質問
------------------------------
全惑星意識を目指しているのですが、
下降オクターブ型と上昇オクターブ型というのは、生まれた時から決まっているのですか?
それはどうやったら自分がどちらか分かりますか?それを意識してやった方が全惑星意識に繋がりやすいのでしょうか?教えていただきたいです。
------------------------------------
恒星に行って、なりきると、自動的に下降オクターヴ型になります。
下降オクターヴ型が、上昇型を偽装する場合があるけど、これは記憶喪失によるもので、自分を思い出して、それ自身をインターバルショックに使うこともあります。



2020年3月17日火曜日

20200317 サークルを作りました

noteは、今年の二月から、サークルという機能が加わりました。
いままで、DMMオンラインのサロンとかシナプスとか、facebookの閉鎖室などで、会をしてきましたが、何度もやってきたので、いつのまにか慣れてきたかもしれない。
で、ソーラーリターンで、7ハウス天体の集合、出生図から見ると、11ハウスに該当するところに冥王星、木星、火星とか土星などが固まっているので、どうせ避けられないのならということで、サークルを設定してみました。昨年は夢の会を三月終わりから半年やりましたが、今年のこれは半年続くかどうかはわからないです。DMMの場合には、サビアンを毎日説明していたので、一年はしなくてはならなかったけど、期間の予定を考えないほうが良いのではないかと。横の関係が重くなると、会というのはもうちゃんと機能していないとみなしたほうがいいです。互いに適度に無関心で、仲間意識を作らないのが良いのです。無関心であること、これは実はかなり大切なことです。

https://note.com/lockwood/circle

これについての説明youtubeです。
https://youtu.be/VAy8fbJNvYI


昨日、ウィンドウズ10には、ゲームを録画するために、画面キャプチャー機能がついていることを発見しました。それにsurfaceのペンを使いたいと思っていたところ、ホワイトボードというアプリがあって、これだと画面にそのまま書くことができるのを発見。
つまりホワイトボードを起動して、ウィンドウズキーとGを押すと、動画録画可能状態に。
で、話ながらいろいろ書きます。
いままで、ムービーメーカーで、実ホワイトボードに書いているのを録画していましたが、これよりもはるかにすっきりと動画作成ができます。
これを限定公開でyoutubeに乗せ、サークルの中にリンクさせるつもり。
これはズームでも似たようなことが可能ですが、ホロスコープを表示させながら話すにはズーム、ホワイトボードのみならウィンドウズ10の機能で、という使い分けをするのがいいです。
今年のはじめに壊れたsurfaceをマイクロソフトに送って、新品交換しましたが、交換しといてよかった。




2020年3月13日金曜日

2020年3月12日木曜日

20200312 ノートにアップしました

新しい短編小説、「隣の地球へ」をnoteにupload

https://note.com/lockwood/n/n5d88b208dffd


一か月くらいかけて書こうと思ったけど
実際には二週間で書いた。一日に一時間半くらい書いた。
これ以上は神経的に限界のようで、午後に訂正とかしようとしても、身体が拒絶反応を起こします。
今の地球から、となりの地球に移動することについて書いた内容です。
秋葉原のそばに徳山商店街があるのはおかしいと考える人はいるかもしれませんが、これがフィクションの気ままさです。


2020年3月10日火曜日

20200310 毎日コロナウィルスのニュース見ている

毎日コロナウィルスのニュースを見ています。
羽鳥モーニングが終わったら、大下ワイスク、バイキング、グッデイ、Nスタそのほか。スポーツニュースに変わったら、すぐに違うチャンネルを探します。
で、これはコロナウィルスに脅威を感じているというよりも、なぜか今回非常に興味があるんですね。どうしてこんなに興味を持つんだろうと思ったのだけど、だいたい理由はわかっている。今回、トランスサタニアンがこの世界にどのくらい侵入しているのかなという目安になりやすい気がします。将棋みたいです。

で、わたしは自分の本で、トランスサタニアンは、エーテル体とか全惑星意識への導きとしての役割もあるよと書いています。これは個体としての健康については最悪な影響を与えます。トランスサタニアンは個体、個人に対しては破壊的だし、その力はいつも強すぎるのです。シュタイナーはアストラル体は肉体を破壊しつくすと言ってますが、そういうことです。

で、今回はわたしは冥王星が土星の壁をみしみしと圧力をかけていると言いましたが、アカネドリさんは、もっと拡張解釈しようと言ってます。
メールの半分くらいを引用してみます。
----------------------------------
新型コロナですが、古典専門家ながら赤緯黄緯を活用して予測する、
スロベニアのエマ・クーレントさんという占星家に注目しており、
昨年末時点のブログで「2020年10月に海王星冥王星が黄緯でパラレル、
世界が感染症に直面する可能性がある」と書いています。

これは、1890年ロシア風邪が、海王星冥王星が双子座で合、
1919年スペイン風邪が、海王星冥王星が赤緯でパラレル、
1968年香港風邪が、海王星冥王星が赤緯でコントラパラレル、
から予測したものと思います。
----------------------------------------
ここでは海王星と冥王星ですが、赤緯黄緯も入れて、全部乗せですね。

で、個人の身体に対しての影響もさることながら、この世界の信念体系を傷つけるということで、今回は、わたしは経済に対する影響に興味を持っています。
経済システムをこれをきっかけに見直しができるでしょうか。
つまりウィルスは世直しを促すカツ入れになりやすいかもしれないですね。
大幅な見直しには、まだこのコロナウィルス以外に、次々とやってくるきっかけがあるでしょう。
また、隣の地球に移動するための扉として、いくぶんか穴を開けることも必要です。
わたしは今日の朝は、この隣の地球に行ってました。

もうひとつ、違う人からの質問。
>メンタル体(恒星)にも12感覚ってあるんでしょうか?
ないです。もっとシンプルです。
夢の中でメンタル体の体験をすると、だいたい映像が出てこないというのを確認するとわかると思うのですが。






2020年3月7日土曜日

20200307(2) 下降型は地球に生きるのは苦しいのか

youtube回答です。
全惑星意識
地球に住むのは苦しいのか
星に戻りたいという欲求はほとんど消えさる
土星に関する解釈の誤り

https://youtu.be/F_E7d2RTsCA


20200307 新型コロナウィルスは冥王星・土星なのか

最近、メールで、今流行している新型コロナウィルスは、冥王星と土星の合なのですかという質問があった。質問は一か月前くらいなのか、もっと最近かよくわかりませんが。
新型コロナウィルスは、冥王星・土星ではありません。
しかし冥王星・土星の合があらわす百も千もの象意の中に、新型コロナウィルスは含まれているでしょう。

土星は壁を作るとか、区画をきっちり定義する、などの作用です。犬と猫は違うとか、タンパク質と脂肪は違うという分類の定義をするのは土星作用です。
土星は有機体を独立させ、外界から切り離します。
で、冥王星は外界との扉とか、穴を開けるという作用です。
土星が定義した区画に穴をあけて、侵入したり、外に出したりします。
新型コロナウィルスは区画を破り、肺や心臓を壊してしまい、また水際対策も役に立たず、国境を越えて侵入します。通常の境界線としての土星機能が打ち破られるというのは、冥王星・土星の合になるわけですね。
でも、たとえばスポーツの記録を破るというのも冥王星・土星であり、冥王星・土星作用には多数の意味に適用できるので、それを新型コロナウィルスだけに落とし込む、つまり象を針の穴に通すようなことはできません。
なので、新型コロナウィルスに気を取られていると、その時に、ほかの冥王星・土星作用が働いていることを見落とすことになります。
占星術は広範な領域をカバーするもので、新型コロナウィルスとか蔓延するみたいな細かい話に落とし込みにくいです。秋山真人氏が、RVで、ウィルス蔓延、マスクが注目されるみたいなことを予言したらしいですが、占星術はここまで小さい範囲に落とし込めません。

生活の中で、身近なところで、壁が破られている現象を確認してみましょう。常識、決まり切っているもの、安全を保つもの、ここに穴があけられています。合のアスペクトは1月13日がピークで、山羊座の23度、23度は伸縮するので、土星には伸縮性があります。

日本がこの新型ウィルスにあまりにも警戒心が薄く、お気楽にしていることで、世界中から驚かれていますが、集合意識の日本としては、もっと罹患率とか死亡率を上げたいと思っているのではないかとも思います。ここにきて王仁三郎の日本人はほとんど生き残らないという説を取り上げている人もいますね。これでオリンピックが中止になったりすると、その後の経済不況がある程度は防げるかもしれないけど、たいした改善効果ではないでしょう。日本がいま鎖国状態になると、これは日本がダイヤモンドクルーズ号になるという感じです。
わたしの場合には、この冥王星と土星の合は、死と生の壁が壊れているのではないかという印象で、最近死んだ人が、死ぬ一週間前からずっと近づいてきていたけど、死後も近くにいて、時々強迫的に近づいてきていて、壁がないと感じています。日常生活に支障があるのかというと、支障はないです。ただ夜中に目覚めたときに、すぐ近くにいるので驚いたりしますが、それも三分しないうちに慣れてきます。夢には出てこない。というのもわたしは夢でもっと遠くに飛ぶので、死者がついてこれないみたいです。目覚めた直後あたりの位置が、一番近づきやすいらしい。

日本人の無警戒、「仏的」姿勢に、怒らないようにしましょう。わざとそうしているのかもしれないので。でも日本人の遺伝子は、この新コロナウィルスでは重篤になりにくいらしいという話もあります。あきらにか中国を狙った型ではないか、と。













2020年3月6日金曜日

20200306 執筆中

いま動画youtubeを作らないのは、わたしが短編を執筆中だからです。
気を散らしたくないからなのか。
とはいえ、書いているのは朝の一時間半程度で、その後はいろんなことをしています。
一番多いのは、コロナウィルス関係の報道番組のハシゴですかね。
ワイスクで大下アナが出てこなくて、かわりに下平アナが出てくるのはどうしてなのかと思ったら、一週間大下アナがお休みなだけでした。

で、短編はこれからも書きたいので、ちょっと文体とかスタイルをほかのものも見てみたい気がした。
で、わたしが興味を持ったのは、品田遊というか、ダ・ヴィンチ・恐山の、見登録設定ファイルという短編集です。
これ、キンドルブックだけでなく、キノブックスから紙本として出ているんですね。
キノブックスは、以前、わたしがショートショートを書き始めるきっかけになった田丸雅智「たった40分で誰でも必ず小説が書ける」を出版した出版社です。
あまりにも人を馬鹿にしているといわれるダ・ヴィンチ・恐山ですが、わたしからすると、今の地球を馬鹿にし続けるのは正統派です。
10万字の本を書くために読者の励みをダシにしようとしているnoteのマガジンはノーサンキューかな。
そもそも10万字の本は一か月で書けるでしょ。でも、見登録設定ファイルが二年かかったということは遅筆なのか。

ここまでやる必要はないと思うけど、ついでに品田遊のホロスコープです。
なるほど。おうし座の水星か。書くの遅そう。
クリシュナムルティの地球ポイントと同じ度数。ということはズベン・エシャマリのことを考えてもいいですね。不正な地球に対して批判する姿勢はもっと強めていいのでは。もっと馬鹿にしてもいいのでは。

いままでキンドルは、キンドルペーパーホワイトで読んでいたけど、反応がとても遅い。それに一画面で見ることのできる文字が少ない。
で、最近surfaceが余っている。
これは昨年の末に、壊れたものを廃棄しようかどうか迷ったあげく、マイクロソフトに送って、新品交換されたもの。
でもあまり使い道がない。
で、キンドル for PCをダウンロードして、このsurfaceをキンドル読みマシンにしてみることにしました。これは12インチなので、ipadの最大の10インチよりも大きい。ということは、読みやすいということです。
香港では、地下のマクドナルドで、原稿を書くときに、資料のPDFを10インチのipadで見ていました。(自炊pdfファイルです。)これでも大きくて使いやすかったが、12インチだとさらに使いやすいはず。
処理速度はもちろんi5のssdなので、ipadよりもはるかに高速だ。
余った材木で作った本立てに立てかけています。