2019年11月30日土曜日

20191130 スタピwebで食事とスタピの関係

スターピープルwebにコラム載りました。
スタピになった人は、食事については神経質になるという内容です。
ジャスムヒーンに寄せた内容ではありません。

https://starpeople.jp/seijingoroku/matsumurakiyoshi/20191129/8810/

2019年11月26日火曜日

20191126 オーディオ整理

部屋のオーディオ類を少し整理しました。掃除のために。
で、2000枚くらいあったアナログレコードは全部なくなったし、アナログのプレーヤーなどもなくなり、Itunesにリッピングしたデータなどを聴くだけになりました。
音がいいシステムとしては、チャンネルデバイダーでの4ウェイシステムを残しており、4つ必要なアンプは、みな二万円以下くらいのものだけを使っています。馬鹿安の中華アンプも。
たとえばミッドハイは、JBL2420などのドライバですが、これは118dbの能率があり、これに高出力のアンプを使うのは異常で、だからわたしは出力が5ワットもないシングルの真空管アンプなどを使います。実はそのほうが音がいいのです。結局お金のかからないシステムですが、でもピアノが鮮明に鳴るシステムとしてはこれが一番いいです。
で、アナログ関係がなくなったので、ヤフオクでCDのまとめ買いをして、これをリッピングしてみようと思いました。最初に落札したのは昨日で、180枚のCDが、15000円くらいなので、一枚100円にもなっていませんね。

もう本は書き終わったのですが、スターピープルの会社には、多次元世界の解明というテーマが書いてあり、多次元世界の解明というと、わたしのお家芸みたいなものもあり、この方向でたくさん展開するのも楽しそうだと思いました。
ここ最近、異次元世界が、わたしの日常意識の世界に重なっていて、この世界の映像がまだらになっています。そこに異次元が壁の上塗りみたいに重なっているんですよ。

2019年11月23日土曜日

20191123 あと三日程度で本は完了予定

今回の本は、たぶん内容が入り組んでいて、というか、扱うことが難しいような内容を入れているが、これを書き終わると、次はその先を書くことができるので、その意味ではともかく階段を上がるように、本を書いているというわけです。

20191123 人間の形

恒星に戻り、それを基音にして、7つの層のボディを再構築した人は、地球に戻ってきた時に、水の身体までしか降りることができず、固形の身体を持つことに困難を感じる。ところが、この固形の身体(H768)がないと、ミクロコスモスとマクロコスモスの交点としての、人間の身体サイズを維持することができず、すると、建物、自動車、人、空、雲、海、などの地球的に身体があるからこそ見える映像を見ることができなくなる。あらゆる形が一気に壊れていく。別にそれでもかまわないと思うが、何かの理由で地球にとどまりたい人は、この固形身体をキープしなくてはならない。確かに、地球から去りながら、いつでも地球人生に接点を持ちたいと思った人はミイラを作ります。それが狭い時空のピンポイントに同調するすれすれの固形ですが、それでも風化して失われていく。


2019年11月21日木曜日

20191121 今日あたりが

二か月ちかくかけて、本を書いていたが、今日あたりに、ぱたっとこと切れた感じ。
本はいつもこのように、突然これでおわり、みたいになります。
たぶん今回の本、難解なのではないか。


2019年11月19日火曜日

20191119 捕まる人たち

最近、テレビで沢尻エリカの麻薬使用逮捕について話題になっていますが、本人がいろんな種類をたくさん使っていたということを申告したのも、本人がいままでの仕事、方針などについて飽きていたということでもありますね。逮捕されても、別に、ということなのかもしれないです。
で、最近麻薬で捕まっている人たちは、わりにお羊座の天体に対して、トランシット冥王星のスクエアが効いているらしい、という話を聞いた。詳しくはわからない。でも、少なくとも沢尻エリカは、牡羊座の太陽に対して、土星・冥王星などはスクエアですから、方向転換ということですね。引き金を引いたのは土星のスクエアだと思いますが、冥王星のスクエアは、少し長い期間に予定してたことが、実行されたということでしょう。
ちなみにわたしの場合には、n太陽に対してt冥王星のスクエアでは、交通事故で骨折しました。まあ悪い方向ではないですね。テスカトリポカに戻ったんだから。いまはn火星に対して、t冥王星のスクエアなので、なかなか危険な時期でもあります。


いま、これを書いている時、なぜかアップルミュージックで、バド・パウエルを聴いていますが、そういえば、バド・パウエルはずっとラリって演奏していた人ですね。

孫正義氏が、信頼性のない企業を買収して、そのマイナスを巻き返すためにラインと提携するという話が話題になっていますが、進行の太陽からすると、疑わしい相手と組むのは、まだ終わっていません。てんびん座の危険地帯を通過していますが、これは逆に言えば、新しい可能性を模索しているわけで、これも楽しそうです。


どちらのチャートも、wikiで生年月日を見ただけで作成しましたから、あまり正確ではないかもしれません。