2023年1月23日月曜日

20230123 5つの生命の樹とラーの目を掲載

タイトルを少し変えて、5つの生命の樹とラーの目にしたが、実質、5つの生命の樹とパスワーク(4)の内容。

https://note.com/lockwood/n/n88b4ca98842c

R・Sさんが、フーバームーンノードチャートで、わたしの前世解読を送ってきたので、自分の記憶と照合してみた。わたしの生まれ時間をなぜ知っていたのかと思ったら、マザーズオフィスの宮川さんに聞いたらしい。(それは5分違っているけど。)

わたしの前世は、第四ギリシャローマ文化期以後の、人を個人として考えるという姿勢からでは、理解できない内容が多く、これをホロスコープで推理できるが、そのかわりに、読み方を変えなくてはならない。第三エジプト・カルデア文化期の常識で考えると、わりに普通に理解できるのだが。つまり第三エジプト・カルデア文化期の考え方では、わたしの前世は、スタンダードな形態でもある。人間は時間の川の中を歩いている。この基準からすると、人の形は、筒とか川の形をしており、人間の形をしていない。

ある日、水の中に沈んだ船に、白い衣の聖者が乗っていた夢を見たが、川はゆっくりと斜めに上がっていた。この聖者と目があった瞬間に、彼の意志が伝わってきたが、これからはこの聖者と同じような姿勢になってほしいという。聖者は今後もこの姿勢を変えないし、わたしは継承するのでなく、同類になれ、と。この川は、「道」のことを示しているが、メソッドや思想は、この「道」と地上をつなぐところに作られ、それは作られたり壊れたりする。が、「道」は変わらない。

メソッドを作る人は、オリジナル性を主張するが、「道」は、普遍的、非局在的で、だれが作ったのでもない。「道」が地上との接点において、歪曲が行き過ぎになりそうな時に、調整目的で、受肉する人たちがいる。この修正をすることが、恒星と地上の通路を「復興」させることであるが、個人のオリジナル性の主張は、この通路を曲げてしまうことが多い。あらためて思い出すに、スピカとの通路を、数人の男性が溶けて、筒になることで、再興した。つまり個人である限り、スピカとの通路は作られない。フラワー・オブ・ライフの中の、たくさんのラーの目を、百目ということにした。

2023年1月12日木曜日

20230112 5つの生命の樹とパスワーク(3)を掲載した

5つの生命の樹とパスワークを掲載した

https://note.com/lockwood/n/nccfc938ac472

ヴェシカパイシスの中に、ラーの目がある。ウアジェトの目といってもいい。これは半径45度の円であるとみなすと、目の焦点に、強烈な力が集中することでもあり、ラーが管轄する世界を設定し、さらにくまなく見渡すということをしていく。ラーの目が行き届かない、地上的なところは、ウアジェトの目が光っているが、地上に興味を向けすぎて、一時的に、ラーの目から離れてしまった経緯がある。

2022年12月29日木曜日

20221229 5つの生命の樹とパスワーク(2)を掲載した

 5つの生命の樹とパスワーク(2)を掲載した。

https://note.com/lockwood/n/n23e3e755d9bd

youtubeで話している内容は、全部、ここに書かれているもので、ここ数日で、話題にしていたのは、生まれた時の受肉の自我は、アセンダントだが、その手前に、生まれる前に個人自我を取得している人は案外多い。こういう場合、物質の組成の前の、濃いエーテル体のところで、すでに明確な視覚意識とか、見えないものが見える状態になっているので、ゲニウス・ロキなどとのしつこい関係に巻き込まれやすい。これはNHKのドラマの「岸辺露伴は動かない」の内容に近い。四辻を何の気なしに歩いているだけで、四辻の神様にからまれるのだ。これはわたしが走っていた時、紀国坂で、のっぺら坊に絡まれて、記憶が飛んだのと似ている。この出生前の自我意識は、Bの樹と、Dの樹の各々マルクトにおおいに関係する。

2022年12月22日木曜日

20221222 2023年1月21日にズーム講座します。ヴェシカパイシスの中の12サイン

 http://ptix.at/fY9seO

12サインの、おうし座思考感覚と、おとめ座視覚の関係。視覚は、思考をそのまま映像化する。またおうし座の思考感覚は、90度のみずがめ座によって書き換えられる。みずがめ座は、いまここにない未来ヴィジョン。それが過去のおうし座の資質を改造する。ヴェシカパイシスの中の、みずがめ座、うお座、おひつじ座、おうし座の関係などについて考える。異次元に移動するには、おうし座の中に埋め込まれた思考を書き換えする必要があるので、おうし座、その支配星の月の研究はとても重要だ。


2022年12月17日土曜日

20221217 5つの生命の樹とパスワーク(1)を掲載した

 今回からタイトルを変えて、5つの生命の樹とパスワークにした。今回は(1)。

https://note.com/lockwood/n/n9d92ab0e008a

フラワー・オブ・ライフの生命の樹を最低限、5つと考え、これにかかわるパスを扱うが、あまりにも多すぎるので、近場を少し。ひとつのパスでも、いろんな出方をする。たとえば、水星と金星のパスは、16塔のカードだが、太陽の円の水星と、金星。太陽の円の水星と、月の円の金星。月の円の水星と金星。月の円の水星と太陽の円の金星。それに水星から金星と、金星から水星など、方向を変えると、大きく内容が変わる。ヴェシカパイシスには、6つのパスがあるが、横のラインを行き来すると、自動的に、縦のラインが開けるということもあるのではないか。(錠の鍵穴を横から縦に回す。)

後半、巨大ヴェシカパイシスのアイデアについて書いた。これは生命の樹の上と下が、ヴェシカパイシスの長い寸のほうになり、すると、太陽(アナハタチャクラ)の位置に、短い寸の水平線ができて、これは上と下を思い切り拡張した段階で、A太陽とE太陽をつなぐラインになるのではないか。

2022年12月8日木曜日

20221208 冥想と夢見(26)を掲載した

 冥想と夢見(26)を掲載した。

https://note.com/lockwood/n/n4d9ed90bae63

占星術で、予言をする時の仕組み。占星術だけで、予測、予言は不可能で、そこに、フラワー・オブ・ライフの左の樹(Dの樹)の介入が必要だ。それは霊感、スクライイング、夢見などで引き出す。でも、そのためにはDの樹が、この世界のCの樹に関心を持つ必要があり、興味がない場合には、乗ってこない。

月の円は、6つの円が関わっている。占星術で使う月は、この6つの円について考えるわけではなく、このうちひとつのラインのみを考えるのではないか。月の年齢である0歳から7歳までに、別宇宙の記憶などがたくさんあるが、これらは成長するにつれて封印されていく。あらためて、それを思い出すと、驚くようなものがたくさんあると思う。サインの支配星を変更する。おひつじ座は冥王星、さそり座は火星。おうし座は月。かに座は金星。この組み換えをすると、月、水星、金星、太陽の年齢域は、そのまま、おひつじ座の冥王星から始まり、おうし座、ふたご座、かに座、しし座と連続する。冥王星は0歳ということになるが、外宇宙の記憶が残り、これが2歳とか、3歳までの前世記憶などになることもある。これを「燃える柴」と説明した。モーゼが見た燃える柴の中に、天使と神があらわれたが、これは月の時代の前の冥王星との接続部分だ。

2022年11月28日月曜日

20221128 冥想と夢見(25)を掲載した

 冥想と夢見(25)を掲載した。

https://note.com/lockwood/n/nad555257cf4b

生命の樹の各々惑星に自我を持たせると、ひとつの生命の樹では足りなくなり、5つの生命の樹を意識せざるを得ない。この場合、左にある生命の樹は、金星が中央の柱にある樹だが、(youtubeでは、シリウスの樹と話した。)これを常に意識して、いままでの通常の生命の樹と、半々の生き方をするといい。この関係は、90度で、異なる次元を見る時には、この90度視線が重要だ。仏教が伝来してから、陰陽中和の考えが重要視されているが、ここからすると、陰陽極端な落差を好む縄文意識も、90度の関係で、これはあたかも空間の亀裂のようなところから、垣間見ることができる。渋谷のスクランブル交差点を、縄文の海の底と、書いたが、90度視線で見ないと、これはわからない。無意識に人はこれに影響を受けるが、しかし直視すると、それは存在しない。90度視線とは、結局視界の端っこで捉えることなのか。いつも意識しているのに、あたかもそれは存在しないかのように扱うのは、教育によって、そのような姿勢を促されているからだ。グルジエフの自己想起は、第二のわたし、第三のわたしなどを作って、そこから見た光景を印象の中に加えることだが、最初に、90度脇にいるわたし、というのを設定するといいのではないかと思う。それは左の生命の樹の視線だ。