2018年9月7日金曜日

20180906 空気の中のH12

精神世界分野では、地球がアセンションして、この地球は二分していくという見解がある。この場合、いままでの地球はさらに重くなる。これは法則であって、創造の法則というのは、どんどん硬化して重くなるということだ。そもそもがアーリマンは、ずっと前から地球がほしいと言っていて、この願望は実現したほうがいいので、それに付き合う気のない人が、二分化した地球に移動するというのがあれば、全員が損をせず円満決着です。蛇は脱皮する。龍蛇族は定期的に脱皮して、違う地球に移動している。数年前に、インドに行ったとき、インドの空気にはH12が充満していて感動した。朝、リクシャーでごちゃごちゃした街路を通り抜ける時に、ここは天国だと思ったが、H12とともに漏れなくPM2.5もついてくるので、帰国後三週間は寝込んでしまった。で、日本の空気には、このH12がインドほど多くないなと感じていたが、最近比率が多くなっている。インドの指導者はこれからは蛇使いでなくマウス使いで、と言っているが、ナーギニーの国であることは忘れないでほしい。エーテル体は、物質体を傷つけることでしか関われない。天変地変で、土地が傷つくたびに、日本のエーテル体は多少活性化する。札幌の液状化は、わたしたちの身体のどこに対応するのか。最近の日本の空気のH12含有率の増加を見ていると、これからももっと土地壊すんでないか?と思ってしまいます。H12はH192と連動する。H192はH12の舎弟だ。元気な空気の渦。

0 件のコメント:

コメントを投稿