2018年10月3日水曜日

20181003 7つの皮膜

バシャールは地球は12個あるというけど、これ縦にすると、地球は7つになる。(わたしは廃統合説を言ったけど。)エーテル体はそこにじっと住むと、それがあたかも物質体になる。
物質世界とエーテル世界の違いは、想念に従うかどうかで、従わないものを物質界と言うけど、流動的な物質界になると、もうすでにエーテル世界だ。仙人はかすみを食って生きており、流動食。QHHTで雲の上に行ってくださいと言われたとき、あ、もともとの住処に戻ったと思った。そこは安心感とか楽しさとかリラックスがある。雲の上と言われても、地球上のすべての雲に広がってしまったけど。火山の上に行くと、ストーヴにあたってるみたいで、非常に気分がいい。物質肉体が重くなるのは、金属と鉱物を含むということの影響が大きく、とくに鉱物は変化しないから、変化しない肉体を作ることに貢献している。森美智代氏の食ってる青汁にも、金属や鉱物はある。面白かったのは、QHHTで幼少期とか親との関係とか、対人関係とかを聞かれても、そのあたりにはまったく反応せず、反応しないことで、逆にセラピストはそこにトラウマがあるのではないかと考えたらしくしつこく聞いてきたこと。しかしリアリティがなさすぎて、それにイメージも上がってこなかった。それより3Dダークネスのほうがリアル。自分の「低位置」というのがあり、それは次元と次元の隙間。砂嵐が住処という点では、砂漠で暮らす遊牧民か。ずっと古い昔、同じようにビロードの壁に住む住人を見たが、彼はわたしと同僚であり、しかしわたしは彼からは遠ざかった。というのも、特定の民族の支配に興味を持ってしまったからだ。バシャールは地球は12個あるというけど、これ縦にすると、地球は7つになる。(わたしは廃統合説を言ったけど。)エーテル体はそこにじっと住むと、それがあたかも物質体になる。目が薄く、つまり半眼というのが特徴的だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿